仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

高専という進路

今日は午前中忙しくて、全然腰を落ち着けることができず。昼食終えてようやく自由時間をゲットしたさっこさんですこんにちは。夕方は次男を部活の送別会会場まで送って待機し、終わったら高専の寮まで送っていくですよ。一旦家まで帰るほどの時間がないんだよなあ。これだから不便な田舎は困る。

さて、そんな中読ませていただいたこちらのエントリー。

手っ取り早く…いやいや確かに手っ取り早い子もいるだろうけど、高専生の母としては全然手っ取り早い印象がないんですが(しろめ)

次男の成績がどうかといいますと、1年の時点で学年ど真ん中程度です。正直この程度の学力じゃあ「手っ取り早く」なんて到底言えませんわ。本人がやる気がなくサボってこの成績なら本気になればいいだけなんですが、頑張ってこれなので…。まあ次男は卒業したら就職する気だからいいんだけど。万が一進学したくなっても専攻科にすると言ってます。どうしても地元から離れたくないらしい。

話がそれましたが。少なくとも中学生の時点で県内トップレベルの進学校に合格できると太鼓判押される成績でないとちと厳しいだろうなあ、という印象がありますね。夫の知人のお子さんが次男と同じ高専に通っていてめでたく国立大への編入を決めたんですが、小4のときには中学校の問題解いてたような子なのでうちの子とは学力が天と地ほど開きがあるし参考になりやしません。次男なんて小4のときと言えば「この問題わからへん」と泣きながら宿題していたような子なので…はあ…。

それに高専の授業って高校よりハードなんですよねぇ。5教科だと高校が3年かけて学習するところを2年で大体終わらせてしまいます。それも進学校レベルの授業ですから、気を抜いたらあっという間においていかれてしまう。元々地頭の良い子は授業を真面目に受けていれば大丈夫ですが、中学時代ちょっとできる程度の子だと必死で勉強しないとたちまち欠点だらけです。留年せずに卒業できるかどうかも怪しくなってしまう。

学力をクリアしたとしても、卒業まで高専にいられるかどうか、という問題があります。高専の雰囲気に馴染めなくて脱落する子がちょいちょいいるんですよね。次男と同じ中学校から高専に進学した子も、退学してしまいました。学力的には問題なかったんですけどねぇ…。長男は高校と言っても工業高校なんで普通科よりは雰囲気高専寄りかなあと思いますが、それでも高専独特の雰囲気とは全然別って感じですね。入れるならどこの学校でもいい、という感じで選べるような学校でないのは確かです。

というわけで、中学生の時点で高専から国立中堅大学編入コースを狙うのなら

  • 普通科への進学は絶対嫌、専門的な勉強を早くからしたいという固い意思がある
  • トップレベルの進学校を狙える学力がある

というのが最低条件かなあと。後、自宅が遠方で寮に入る場合は寮に馴染めなくて脱落する子も多々いるので気をつけてください。自宅が週末帰れるぐらいの場所にあるなら良いですが、そうでない場合は滅多に自宅に帰れないので馴染めないと精神的にきついです。よーく実際に通ってる先輩の話を聞いてから決断してくださいませ。