仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

靴下を表のままで洗う派vs裏返して洗う派

午前中は毎週恒例、息子達が金曜日にどばっと学校から持ち帰ってくる洗濯物の山と格闘していたさっこさんですこんにちは。高校生になると制服かさばるんだよねぇ。体操服だとか小中学生なら給食のエプロンもあるし。冬は学校の洗濯物だけで3回は洗濯機にお仕事してもらわなければなりません。洗濯機なんとか持ちこたえてくれ…。

さて、先日靴下を裏返しのまま洗濯に出す夫というエントリーを書いたんですが、感想をたどってみると面白いことがわかりました。靴下を洗濯するとき表のまま洗う派と裏返して洗う派が存在することがわかったんですよね。私はどっちでもいいだろうといういい加減派なんですが。汚れがひどいときは水に洗剤溶かしてつけ置きしておいて洗ったりはしますけど。

表のまま洗う派の言い分は「裏返しだとほこりが靴下の中に溜まるので許せない」というものでした。確かにそれはありそうだけど、うちは洗濯機に放り込む前にほこり払ってるからなあ。子供ってポケットに砂溜め込んでたりするのでつい習慣になりまして。洗濯機を屋外に置いてるというのもあるんですけどね。自分ちの庭で払うんだから、他所様の迷惑にもならないし。

裏返して洗う派の言い分は「皮脂がつくから裏のほうが汚れてるので裏返しで洗うほうが汚れが取れる」という感じ。確かに毎日風呂に入ってるのに靴下の裏側の足の指部分が薄汚れる息子達の靴下…。頑固な汚れを誤魔化せるように黒っぽい靴下ばかり買ったりしておりますが(こらこら)

で、一体どっちが汚れを落とすにはいいんだろうか?というわけで、靴下を扱ってる会社の情報が一番確実だろうと調べてみました。

ドロ汚れがひどいときは洗濯前に軽く水洗い。 簡単に汚れを落としておきましょう。 染み込んだ汚れの場合は、洗濯液(洗剤を30℃位のぬるま湯によく溶かしたもの)に1時間ほど付け置きするとよいでしょう。 但し、商品によっては色落ちする場合もありますので、単独洗いで配色ものなどは注意が必要です。

お洗濯方法 ソックス [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]

靴下を裏返してネットに入れて洗濯すると靴下の表地を痛めず、他の洗い物とのからまりを防ぎます。

お洗濯方法 ソックス [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]

洗濯前に簡単に汚れを落とし、裏返してネットに入れて洗濯する、というのが正解のようです。ということは洗濯機に入れるときは裏返しのほうがいいってことですね。やったね父ちゃん!裏返しで出しても全然問題なかったよ!正解がわかって私もすっきりしました。でもこれって要は洗濯前にざっと汚れを落とすのが大事で、裏に返すのは生地を傷めないためですよね。汚れを落とす観点から言うと表でも裏でもいいってことなのかな…。というわけで靴下を長持ちさせたいなら裏返しにして洗いましょう、という結論に。

しかしネット…息子達が小さい頃はネットに入れて洗濯してたけど、今はそのまま洗濯機に放り込んでるや…。靴下は安物ばかり買ってるし、まあいいかw