仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

靴下を裏返しのまま洗濯に出す夫

長男が帰りに高校まで迎えに来て欲しいという。自力で帰ると教習所の時間に間に合わないからだ。教習所からは送迎バスが出てるので「そっち利用できないの?」と尋ねると、長男の高校は遠いので早い時間だと難しいとかなんとか言われたらしい。夫は「ちゃんと金払ってるのになんで迎えにきてもらえんのや」とブツブツ。確かにそうだ。送迎バスは無料だもんね。しかも長男の高校でも送迎バス頼めるって聞いたのに。まあそれでも送迎バスが2台ぐらいしかないので無理なことがあるのは仕方ないよなあとも思うさっこさんですこんにちは。まあ夫の口利きで教習料金安くしてもらえたし(夫の友人が指導員やってるのだ)あまり無理は言えないんですけどね。

さて、夫と言えば今朝こんなツイートを目にしました。

これ読んで疑問に思ったのは、何故裏返しで洗濯に出してはいけないのか?ということですよ。裏返しのままだったら洗濯になんか不都合でもあるんだろうか…と。

夫も靴下を裏返しのまま出すことが多いです。何も考えずにそのまま洗ってそのまま干してました…。こんなこと考えたこともなかった。ただ、洗濯物を取り込んだ後は表に返してました。それは夫のためというより私が裏返しのままだと嫌だからです。あくまで私の都合であって、裏返しのまま渡しても夫は文句なんて言わないと思います。

何故そう確信できるかといいますと、夫は今まで私の家事そのものにケチをつけたことが一度もないのです。一度も。こうして欲しいという要望を出されることはありますが、私が「これこれこういう事情で難しい」と言えば素直に引き下がります。そして私の家事に納得いかないと自分で修正するんですよね。たとえばアイロンがけ。Yシャツの衿のアイロンがけが気に入らないと自分であてなおしてます。また、靴下は裏返しで出してもYシャツの衿と袖口の下洗いは私が何も言わないのに自分でやってるんですよね。靴下を裏返しにして出すから無頓着なのではなく、こだわるところが私と違う、というわけです。

というわけで、文句を言われないなら最初から裏返しで洗って裏返しで渡せばストレス感じずに良かったのでは…と思うさっこさんでした。文句言われるのなら「自分で表に返せよ」と言えばいいと思いますけどね。