読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

頼れる人には頼ってください

Twitterで私をフォローしてる方はご存じでしょうけど、ドラマの実況をちょいちょい垂れ流してます。まあほとんど朝ドラなんですが、それ以外にこれはというドラマを見てるときも実況を垂れ流してるんですよ。昨年はその中にSTがありましてね。特撮オタならケータイ捜査官7でおなじみ窪田正孝くん目当てになんとなく見始めたんですが、これが肩が凝らなくて面白い。こういう息抜き的なドラマもいいもんですよねぇ。ただ、最終回が「続きは映画で!」という終わり方だったので「この商売上手がぁぁぁっ!」と思いつつも続きが気になって映画観てきました、はい。これがもう登場人物皆デレデレ状態で「ひぃぃぃっ!」と身をよじりながら観ましたよ。いやー面白かったです。ドラマが気に入ってる人は是非是非観てくださいと宣伝しちゃうさっこさんですこんにちは。ドラマ観てなくても十分面白いと思いますが、観てるほうがにやけるのでドラマ未見の方はドラマをクリアしてから観ることをお勧めします。

さて、折角映画で良い気分になってるので、今日は希望の見えるエントリーへの感想を書こうと思います。

私も40歳で四男を出産したわけですが、予定外の妊娠だったので産むか産まないか随分悩みました。それについてはこちらのエントリーに書いたわけですが。

あの当時の不安と喜びが混じった気持ちを思い出してしまいました。産めばなんとかなる、頑張れと周囲は言いますが、それだけは言いますまい。なんとかなるんじゃなくてなんとかしようとあがいてきただけに、そんな簡単に言えないです。

でも…周囲が協力してくれるなら、なんとかなる可能性は高くなります。金銭面や健康面の不安は今もあるし、四男本人も発達に問題を抱えていますが、なんとか小3まで育てることができました。それもこれも夫や上の子達、義母、義兄や義姉達のお陰です。やっぱりね、一馬力で育てるには無理がある。若い頃みたいに体力もないから無茶をしすぎると寝込んでしまう。

だから思いっきり頼れる人には頼ってください。頼るのは悪いことじゃない。ひとりで頑張りすぎて倒れるほうが周囲にとっては迷惑なことですから。育児はひとりで抱え込むのが一番まずいのです。ご主人が妊娠を前向きに受け止めて支えてくれたら一番なので、どうか妊娠を喜んでくれますように。そして出産までできるだけ無理なさらないようにしてください。産んだら嫌でも無理しなくてはならないときがくると思うので、今はそのときのために体を休める時期なんだと思ってください。あなたの未来にお子さんが火を灯してくれますように。