仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

ダサピンクの意味を理解した話

なんとなくブログのタイトルに飽きてきたので、他のタイトルに変えようかなと色々考えてました。「我が輩は専業主婦である。稼ぎは全然ない。」とか。ちょっとどころかだいぶ長い。長いのは嫌だ。じゃあ「うちの夫がこんなに妊娠させるわけがない」とラノベ風に攻めてみようかと思いましたが、もう打ち止めなのでタイトル詐欺っぽい。大体パクリくさいタイトルはあかんやろ…とやっぱり変えるのをやめたさっこさんですこんにちは。くだらないこと考える暇あったらブログの内容充実させろって話ですねわかります。

ところで最近流行り(?)のダサピンク現象という言葉がよくわからなくてid:mahalさんにかみ砕いて教えていただきました。ありがとうございます。ようやく何を指しているのか腑に落ちました。こうやって教えてもらわなかったら完全に誤解してたよ。実は教えていただくまでは同じピンクでもダサいピンクとカッコイイピンクがあって、ピンクに興味ない人はその違いがわからないという話だとばかり思ってましたがそんなことはなかったぜっていう。ピンク好きでもない人がピンクを使ってデザインしても、ピンク好きは「そのデザインにピンクはない」とそっぽ向く、ちゃんとピンク好きの話を聞いてデザインしろよという話だったんですね。もー本当に何考えてるんだろうね俺のバカバカ。

しかしこの手の話は本当にそこかしこに転がってるなあという。例えばいわゆるミセス向けの服。ちょっとぽっちゃり目の方向けの服は豊富なんだけど、私みたいに細身で身長がそこそこあると着られる服を探すのさえ一苦労なわけで。40代50代の女性全てがちょっとぽっちゃり目な体型じゃないんだよぉぉぉっ!っていう。今の50代なんてバブル景気の頃若者だったわけで、ぽっちゃり目の人ってそんなにいないと思うんだけどなあ。見た目を気にする人が滅茶苦茶多い印象なのにどうして細身用の服がないんだ…とか。

市場性抜きだと子沢山母ちゃんはぽっちゃりどっしり体型を連想されやすいけど、私の周囲にいる4人以上お子さんがいる女性は皆スレンダーな体型の人ばかりですぜ…。大勢の子供と格闘して太れるわけないやーん。安産体型がぽっちゃりどっしり体型だと思われてるってことなんかな。知らんけど。

などと思い巡らせながら、市場が今のニーズとマッチングしてない例をもっと皆が掘り起こして世に知らしめてもいいんじゃないかと思ったりしたのでした。