仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

児童文学を知らない…かも

教習所へ行く長男のためにおにぎり握ろうと思ったらご飯がない!米びつもほとんど米が残ってない!しまった…ちゃんと残り確認しておくんだった…と後悔したさっこさんですこんにちは。仕方ないのでお金持たせて送り出したよ。精米しに行ってご飯炊いてたんじゃあ間に合わないですからね。とほほ…。

さて、今日はこんなまとめを拝見させていただきましたので、その感想などを書こうかと思います。

児童文学に男の子向けだとか女の子向けだとかあったんだ、というのが正直なところです。というのも私は日本の児童文学って読んだ記憶がほとんどないんですよね。「いやいやえん」ぐらいしかおもいだせないよ。

いやいやえん―童話 (福音館創作童話シリーズ)

いやいやえん―童話 (福音館創作童話シリーズ)

じゃあ何を読んでたの?という話ですが、低学年の頃は海外の児童文学がメインですね。
小公女

小公女

秘密の花園 (光文社古典新訳文庫)

秘密の花園 (光文社古典新訳文庫)

家なき娘〈上〉 (偕成社文庫)

家なき娘〈上〉 (偕成社文庫)

アンデルセン・グリム童話集

アンデルセン・グリム童話集

  • 作者: ハンスアンデルセン,ヴィルヘルム・カール・グリム,ヤーコプ・ルートヴィヒ・カール・グリム
  • 出版社/メーカー: 古典教養文庫
  • 発売日: 2013/12/08
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
中学年になって推理小説と伝記中心に移行。
赤毛連盟 (ポプラポケット文庫―名探偵ホームズ (701-1))

赤毛連盟 (ポプラポケット文庫―名探偵ホームズ (701-1))

怪盗対名探偵 (ポプラ文庫クラシック)

怪盗対名探偵 (ポプラ文庫クラシック)

みんなの少年探偵団 (一般書)

みんなの少年探偵団 (一般書)

完訳 ファーブル昆虫記 第1巻 上

完訳 ファーブル昆虫記 第1巻 上

高学年になると主にSFを読むようになりました。
家族八景 (新潮文庫)

家族八景 (新潮文庫)

ねらわれた学園 (講談社文庫)

ねらわれた学園 (講談社文庫)

夕ばえ作戦 (角川文庫)

夕ばえ作戦 (角川文庫)

きまぐれロボット 角川文庫 緑 303-3

きまぐれロボット 角川文庫 緑 303-3

というわけで、日本の児童文学にどんなものがあるのかよくわからないのですよ。

息子達を見ていると自分から進んで小説読むのは次男ぐらいなんだけど、早い段階でラノベ読んでたしなあ。というのも私が昔買った今で言うラノベが結構ありましてな…。中学生からは推理小説も読むようになったな。私が持ってる内田康夫の浅見光彦シリーズを全部読破しちゃったよ。三男は映画の影響でハリーポッターシリーズを読破したぐらいで、後は図鑑眺めるのが好きな子だった。児童文学ってどんな子が対象なんだろう。本を読まない子に勧める読書入門編みたいな感じなのかな。

どちらにしても我が家で見かけた児童文学らしいのってまとめに登場してるゾロリぐらいだったな。というわけで我が家では児童文学ってあまり縁がないです。他のご家庭のお子さんはどんな小説を読んでるんだろう。ちょっと気になるかも。