仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

冬の遊び

今日は寒い!しかも風が猛烈に強い!あまりの風の強さに納屋の土壁が落ちちゃったよ…。もう古いからなあ。帰宅した長男も「突風で転んで車にひき殺されるかと思った」と言ってましたよ。自転車不安定だから怖いと思ったさっこさんですこんにちは。北海道はこんなもんじゃないんでしょうけど。皆さんご無事で…。

そんな寒い日なので、今日はおやつにぜんざいを作りましたよ。一袋分作ってもあっという間になくなるんですけどね。今はその程度の手間ですんでいますが、息子達が幼い頃、寒い時期に一番問題だったのは遊びですよ遊び。

寒いからと言って家の中ばかりで遊ぶのもどうよって話だし、育児サークルにしても屋内ですからね。それに子供は風の子とはよく言ったもので、外で遊びたがるのですよ。外でも遊ばせないと…でも寒い…。

長男が幼稚園に入園するまでは徒歩圏内に公園がないのもあって車で10分ほどのところにある公園まで連れて行ってました。しかしその公園が河川敷にあったので風が強い…。息子達はすべり台やらジャングルジムなどで動き回ってるから寒く感じないのかもしれませんが、こっちはじっと見てなきゃならないので寒さハンパない。だからって目を離すわけにもいかないのでひたすら耐えてました。

長男が幼稚園に入園してからはお迎えに行ったときに園庭で下の子も含めて遊ばせてたんですが、こっちのほうがまだマシでしたね。とはいえ1時間ほどするともうあかん。母ちゃん寒がりなんだよ勘弁してくれよと思いながら「そろそろ帰るよ!」と叫んでおりました。

そうでなくても子供とどう遊んでいいのかわからないうえにインドア派の私には外遊びそのものが苦痛でしたね…。まだ長男次男の年が近くて一緒に遊んでくれるだけありがたかったですが。ひとりっ子だったらどう遊びを誘導していいかわからなくて途方にくれていたかも。

ちょいと年が離れて産まれた四男に関しては産まれてから2年間は幼稚園で遊ばせてもらって、三男が小学校に入学してから入園までの2年間は再び公園巡りでしたが、さすがに4人目ともなれば少しは慣れてきてたのと、一人遊びが苦にならないタイプの子だったので上の子のときほどきついことはなかったです。

しかし土曜日や祝日(夫は仕事)のときは上の子達に四男を任せて自分は車で暖を取ることも…。いや本当に寒いのあかんのやって。夏の暑さは冷房なしでも乗り切る自信があるんですけどねぇ。