仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

息子にブログ読まれてます

今日はめっちゃ寒い!なんなの急に真冬になったじゃないの!お陰で昼間なのに暖房入れちまった…。ああ、光熱費がぁ!と頭の痛いさっこさんですこんにちは。なんなんだよこの前まで20度近くあったのに今日は最高気温一桁だったんじゃないの?体調崩しちゃうよ…。

さて、私のハイクを読んでる人はご存じでしょうけど、最近三男がちょくちょく私のブログを読んでます。読まれるのは別にかまわないんですよ。小学生以上のお子さんがいらっしゃる方は我が子に自分のブログ読まれたって平気だよ!って気で書いてますよねぇ。ハイクやはてなブログをざらっと眺めてると、小学生ユーザーを容易に探し当てられるぐらいですし。

ま、そんなわけでわざわざ読んでると報告してくる三男を「あ、そう」と放置してました。ところがですよ。食事中、急に私のブログの内容話そうとしやがった!それはあかんで!三男よ、自分が書いたラブレターを家族揃ってるところで読まれても平気なんか!それと同じことやで!ちょっとは考えろ-!というわけで慌てて三男を睨みつけて黙らせたさっこさんでした。

しかしこれは完全に盲点でした…。でもよく考えたら子供の口は羽よりも軽いんだった。この調子だと友達にぺらぺらしゃべってる可能性もなきにしもあらずですな。まあブログの内容以前に「お母さんのパソコンどこ見てもプルシェンコだらけ」ぐらいは言われてそうですが。前に私にそう言ってきたんですよ…。悪いか!母ちゃんからジェーニャ取りあげたら何も残らないから仕方ないだろ…(そこまで言う)

息子達がSNSでもやってたら陰からこっそり楽しもうと思ってたのに、「知らない人になんで自分のこと話さなきゃならないのか」というヤツらばかりで、全然楽しむ機会はないまま自分が楽しまれる立場になるとかもう親としてダメでしょって感じですが、いいんだいいんだ、これが母ちゃんだから!

f:id:plutan:20141202171716j:plain

そして三男よ、これ読んでるならこれから絶対しゃべるんじゃないぞ!母ちゃんとの約束だぞ!