仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

1989年って何してた?

最近コードレス電話の子機の充電が思うようにできない…。2機あるんだけど1機だけ接触が悪いのか充電できてないときがあるんですよね。もう古い機種だし買い替えるしかないのか…長男がもうすぐ自動車学校に通う予定なのでお金ぶっ飛んでいくし、もうすぐ年末年始だしであまりお金使いたくないんだけどなあと悩ましいさっこさんですこんにちは。

さて、なんだかオタクの話題が何周目か知らないですけど盛り上がりを見せてますが。そんな中このエントリーを読ませていただきました。

1989年と言えば私はもう社会人6年目。ちょうどこの年に平成になったわけですが、年号が変わって余計な仕事が増えたっけ。一方、バブル景気真っ盛りで国全体が浮かれまくってた時期だったと記憶してます。まあ金があると気が大きくなるよね。

その頃何してたかというと、ひとりで映画館へ行ったりマンガや小説を読みあさったり、まだ普及し始めたばかりのCDやラジオ番組を聴きまくってました。そうそう、ちょうどこの年にFM802が開局して、KANを知った時期でもあります。特撮では仮面ライダーBLACKに引き続きRXもばっちり見てたな。雑誌はスクリーンやロードショーなどの映画雑誌、OUT(アニパロ含む)やぱふ、ファンロードなどのマンガ寄りの雑誌、そしてSFアドベンチャーなんかを買ってたかな。ファッション誌なんて見向きもしなかったよ。

当時勤めてた会社では冬になると若い社員達が男女混合でスキーに行くのが流行っていて、そこから何組かカップルが誕生したりもしてたんだけど、私は全く参加せず。ひたすら自分ひとりの時間を満喫してました。たまーに高校時代付き合いのあった同じ趣味の子からお誘いを受けて同人即売会へ行ったりすることはあったんですけどね。ぼちぼち有名な同人サークルだと書店に同人誌が並ぶようになった頃だったし、自分から同人即売会へ行くことはありませんでした。人混み嫌いだしめんどくさい。

そんな当時の私はオタクでもないしサブカルに染まってたわけでもなかったと思います。単なるぼっちですね。それで寂しいと思ったこともないけど。自分の好きなものに埋もれてそれなりに満足してました。思えば一番何にも縛られない自由な時期だったかもしれません。自由だけどプライベートではほとんど接点のある人がいなかった、そんな感じ。バブル真っ盛りの20代とは思えない孤立っぷりです。

そんなわけで私はオタクとサブカルの対立とは全く縁がなくて、自分と同じバブル世代にコンプレックスを持ってた時期かなあ。今でもその傾向はあって、同い年から50代前半ぐらいまでの人達が一番苦手だったりします。年上年下は平気なんだけどなあ。

などととりとめなく書いたけどオチを思いつかず…。すみません。まあ当時の私と今の私、ほとんど趣味は変わってないってことで。