仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

食事の効用

米びつのお米が底をついたので、精米してきたさっこさんですこんにちは。近所の方に田んぼを貸してるんですが、貸し賃の代わりに玄米でお米をもらってるんですよね。田舎だから車走らせてるとあっちこっちにコイン精米機があるので、買い物のついでに寄って精米するのが常です。でも一袋分(30kg)全部はひとりで運べないので半分に分けて精米しています。ひとりで軽々運んでるおばちゃんもいるのに…体力つけよう…。

なにしろ食べ盛り男子4人もいるし(次男は現在寮生だから週末しか食べないけど)長男のお弁当もあるので米の消費量が多い我が家ですが、夕食はできる限り家族で食卓を囲むことにしてます。これは以前も書いたかな。これが結構家族の潤滑油になってます。

息子達が小さい頃はともかく、大きくなってくるとそれぞれ予定がばらばらになるし、趣味も異なってきたりで家族全員が一緒にすごすことも少なくなってきます。そんな中、日常で家族全員を揃えようと思うと食事のときぐらいしかないのですよ。

で、全員が顔を揃えたときには当然会話をするんですが、その中で思わぬ情報が入ったりします。学校での出来事やら友達の話やら。そういうのがとても貴重なんですよね。小学生ぐらいまではともかく、中学生以降になると親が学校まで足を運ぶ機会ががくんと減ってしまい、当然学校での様子もわからなくなる。友達と遊ぶにしてもひとりで出かけて外で遊んでくることが多くなり、家に遊びにくる子以外は顔も知らなかったりしますから。

次男は普段でも自分から私によってきてなんでもしゃべる子なんですが、他の子は普段あんまりそういうことを積極的にしゃべるほうじゃない。でも食事中はどういうわけかぺらぺらしゃべってくれるのですよ。それだけリラックスできるってことなのかな?次男は「家族で外食もいいけど、周囲が気になって黙々と食べるしかないから家でご飯食べるほうがいい」などと嬉しいことを言ってくれます。母ちゃんのご飯が美味しいからって嘘でも付け加えてくれたら満点なんだけど(真顔)

そういうわけで親子で囲む食卓というのは子供が大きくなればなるほど大事なんじゃないかなあと思います。食育ガーなんて言う気はないけど、会話しなきゃ子供のことなんて何もわからないですからね。わかった風な口を聞かれるのが子供にとっては一番鬱陶しいことだろうし、情報をゲットしておくに越したことはないのです。もし食事中がお通夜みたいに静かだったとしたら、それはそれで心配になるし。我が家の食卓はお通夜とはほど遠いですけどね。


長男:オヤジ!また俺の皿におかず移したやろ!

夫:お前のためやん。大きくなあれ♪

長男:後で覚えとけよ…クソオヤジ…


まーた今日もこういうくだらない会話が繰り広げられるでしょうな。まあどこの食卓でも様式美ってあるでしょうけど。皆さんのご家庭の食卓はどうですか?