仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

やる気と上達

昨日、小学校の遠足があって四男も行ってきました。行き先はしろとり動物園。香川の東側にある私設動物園です。

しろとり動物園

で、昨日の宿題は遠足のことを絵日記に書く、というものでして。モルモットと触れあったそうで、そのことを書くと言って書き始めました。まあ文章は誤字があったもののまともだったんですが、絵が…絵がいけない。マッチ棒人間みたいなのがなにやら丸いものを持ってるなあという絵でして。全然モルモットに見えないし、背景に何も描いてないってどういうことなの…。手抜きにもほどがあるだろ!

その四男の絵日記をチラ見した長男が「これはあかんやろ」と言って絵日記に小学生が描いたように見える程度にデフォルメしたモルモットを描き込み始めました。ああ、これでまともな絵日記に…ってなんでお前が描くの!?とずっこけたさっこさんですこんにちは。長男よ…なんでお前は四男にはそう甘いのだ…。別に四男が「描いて」と頼んだわけでもないのに。普段は「うざい」などと言ってるけど、四男がそんなに可愛いか。甘々兄ちゃんじゃないか。

それはさておき。長男は絵が上手いほうで描くのも好きなんですが、次男以下はお世辞にも上手いとは言えないレベル。何故長男だけ上手いのか。そんなこんなで以前「なんでお前の弟達はお前と違って絵が下手なんやろうなあ」と長男に言ったことがありました。すると長男は

「あいつら絵を描こうって気持ちが全然ないから適当になるねん」

と即答しました。確かに長男は小さい頃から絵を描くのが好きで、小学生の頃は図鑑を見て模写をしたり、パラパラマンガを描いて友達に読んでもらったりしてました。高校生になっても友達のリクエストがあるとイラストの模写をしたりしてます。ゲームやアニメ以外で長男が好きなものと言えば絵を描くことなのです。

一方、次男は本の虫だけど絵には全く興味を示さないし、三男はカーキチで車の絵は時々描いてるけど他はさっぱりだし、四男に至っては「めんどくさい」と言う始末。授業や宿題で描くことがなければ、自発的に絵を描くことなんてまずないと思います。そりゃあ普段描かないんだから上達もしないよな…。

逆に言えば、長男はこつこつと絵の練習をしてきたから上手いのであって、最初から上手に描けてたわけではないということです。描くのが好きだから練習も苦にならないだけで、長男なりに努力していたんですよね。しまったそういうところもっとほめてやれば良かったよ…。もう後の祭りですが。

というわけで、やる気があればある程度は上達するし、やる気がなければ何年経っても上達は見込めないというのがよくわかりました。やる気なんて親がどうこう言っても本人の気持ち次第だからどうにもならないし、だったらやる気のないものについては合格点ギリギリクリアしてたらいいじゃん、程度に見守ろう。それよりもやりたいことをとことんやらせたほうが本人も楽しいものね。私もオールマイティな秀才になることを我が子に求めてるわけじゃないし、やりたいことをやり抜ける環境を整えたいものです。