仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

最後の給食参観

明日明後日と長男の高校は文化祭。ただし、明日は生徒だけで行うので保護者が行けるのは日曜だけです。駄菓子菓子!日曜は地元のお祭りに四男が参加するので行けるのは午前中のほんのちょっとだけ…。次男が「他所の学校の文化祭に行ったことがないから行ってみたい」とおっしゃるんですが、果たしてどれぐらい時間を割けるんだろうか…と悩ましいさっこさんですこんにちは。高校生活最後の文化祭だから見に行きたいのは山々なんだけどねぇ。

さて、最後と言えば私にとっても四男にとっても今日は今通ってる小学校での最後の給食参観がありました。こちらの小学校では奇数の学年のみ給食参観を行ってるんですが、3年生の四男が5年生になったときには合併後の新しい小学校に通ってるんですよね。だから来年給食参観のある学年はあるんですが、私も四男もこれが最後ということになります。

その給食参観の流れですが、給食前の四時限目に栄養士さんの授業があります。栄養素のお話や食事の取り方などの指導をしてくださいます。
f:id:plutan:20141024131229j:plain
教室すっかすかでしょ?8名しかいないですからねぇ。しかも今日は1名お休みの子がいたのでたった7名です。これでも一番人数が少ない学年じゃないのですよ。一番少ない学年は4名です。それでも複式学級にはなってないという。

授業が終われば給食の時間になるんですが、こちらの小学校では給食を教室では食べません。全校児童と教職員がランチルームに集まって食べることになってます。自校給食なので学校の調理室で作り立てほやほやのものをいただきます。小規模校ならではですねぇ。

授業の後の片付けとトイレを済ませた子供達はエプロンと帽子、そしてマスクをつけ、担任の先導でランチルームに向かいます。そして全員で協力して配膳することになってます。

配膳が済んで全員着席すると、当番に当たってる給食委員の子が給食のメニューを読み上げてから食事前のあいさつとなります。今日のメニューは麦ご飯の親子丼とさつまいもと糸昆布の煮物、そしてほうれん草と白菜と煮びたしです。煮びたしはいりこが入ってたよ。飲み物はいつも牛乳です。主食がご飯でもパンでも牛乳。おかずの味はかなり薄味になってます。「素材の味を生かすため」なんだそうですが、ちょっと薄すぎないか?といつも思うんですけどねぇ。まずくはないんですが…うん。

給食の時間が半分になった頃に再び給食委員の子が出てきて「もう半分は食べ終わりましたか?まだの人は黙って食べましょう」とお知らせします。給食の時間って結構短いんですよね。12時5分から12時50分までになってるんですが、この中に配膳や後片付け、ハミガキの時間も含まれてるので、実質30分ぐらいしかありません。食べるのが遅い子にとってはちと時間が短いですね。長男は食べるのが遅くて、皆がハミガキを終えて遊びに行く時間になってもまだ食べてたもんです。

給食委員の子のお知らせの後、今度はあいさつ当番の子が出てきて各学年の一番元気にあいさつした子を発表します。あいさつ当番とは5年生と6年生が週交代でやってるんですが、登校時間に校門に立って登校してくる児童にあいさつするのがお仕事です。あいさつ当番の日はいつもより家を早く出るので子供はちょっと大変なんですけどね。

そして給食時間が終わってテーブルを片付けるとハミガキタイムです。保健委員の子のハミガキ指導の元、一斉にハミガキを行います。家から持ってきてるコップに水を入れて、水で歯を磨くんですね。一斉ハミガキって私が通ってた学校ではなかった…というかハミガキすら学校でしたことなかったので、いつも不思議な気持ちになります。

ハミガキを終えると片付けた食器を調理室まで返したりテーブルや床を拭いたりします。これで給食の時間は終了となります。みんなお疲れさま~。

で、四男ですが…食べ終わるのがギリギリで、最後のほうは口に押し込んで全然噛んでないだろお前…。まあまだ時間内に食べ終わるだけ食べるのが遅かった長男よりはマシなんだけど。一応どうしても食べきれなければ残してもいいんですが、全部食べられるけど食べるのが遅いってだけだったんだよな長男。好き嫌いが多くてどうしても食べられないものもあったけど…。

まあそれはさておき。1年生の頃と比べるとさすがにてきぱき配膳や後片付けで動けるようになっていて、それなりに成長してるんだなと安心はしました。家ではだらだらしてるけど、やっぱり甘えがあるんだろうなあ。テーブルマナーについてはだらしなくはないのでまあいいか。

で、他の小学校での給食事情ってどうなんでしょうね。ちょっと気になります。