仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

まるで養鶏場のような学校

今朝、夫が仕事に出かける直前に「ゆーちゅーぶってどうやって見るんや?」と尋ねてきました。どうやら知り合いが祭りの様子をYouTubeにアップしたらしく、それを見たいようなんですな。

パソコン音痴の夫にパソコンで見せるのもなーと思い「いつも三男がPS3使ってテレビでYouTube見てるから三男に使い方教えてもらったら?」と提案したら、テレビで見られるというのが気に入ったようで「わかった、帰ってからテレビで見る」とのこと。駄菓子菓子!その後「で、ゆーちゅーぶってなんや?」とのたまったのでヽ(・ω・)/ズコーっとなったさっこさんですこんにちは。皆さん、これが真のネット弱者ってやつですよ。覚えときましょう。

さて、話はがらりと変わって今日TwitterのTLを賑わせている話題がこれ。

いじめや不登校の改善がどうとかの分析は専門の方に任すとして。1学級の人数については色々思うことがあります。

上の子達が通った、そして今四男が通ってる小学校は何度も書いてるように小規模校です。1学年1学級、しかも人数は多い学年でも10人をちょっと超える程度です。一桁の学年のほうが多い。四男の学年も一桁しかいないです。こんな状態なので、2年後に4校が合併して新しい小学校になる予定なんですけどね。

それでも教室の広さというのは普通の小学校と変わらないわけですよ。だから教室の前のほうに机と椅子が並べられていて、休み時間になると子供達は教室の後ろで走り回って遊んでます。そういう風景を長男が小学校を卒業するまでずっと見てきたわけですが…。

ところが中学校は小学校6校から生徒が集まってるので、一気に人数が増えます。1学年4学級ぐらいになるんですよね。長男の中学校入学式の日、式典が終わって教室に行くと…そこにはぎっしり机と椅子が並べられていて、広々した教室を見慣れてた私にはまるで養鶏場のように見えてしまいました。

私が子供の頃もこんな状態だったはずで、それでも教室が狭いと思ったことはなかった。そりゃあ小学生になった頃からずっと狭い教室で慣れてたんだから疑問に思うことがなかっただけで、親の目から見るとこりゃあ人間が人間らしく過ごせる環境じゃないと思ってしまいましたよ。

昔も40人学級だったんだから…という人もいると思いますが、私が子供の頃って子供が多すぎて都会の小学校はどこも教室が足りない状態だった。私が通ってた小学校も増築したんですが、それまでの間仮設校舎を校庭に建てて凌いでました。そんな状況で少人数学級なんてまず無理です。教室がなくてはどうしようもありません。

でも今は少子化で、一部マンションが集中してる地域を除いて教室が余ってる学校が多いんじゃないですかね。その状態で40人学級に戻す意味ってあるんだろうか?と思いますよ。小規模校で小学校時代を過ごした長男は、中学校に馴染めなくて相当ストレス溜めてました。大人はもっと子供にストレスのあまりない環境を与えることを考えたほうがいいんじゃないかと思います。