読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

謎の妊娠用語

私はスマホを持ってないのでInstagramには登録できないんですが、TwitterのTLやいろんなSNSでInstagramの画像がちょいちょい流れてきます。先日、某海外のSNSでInstagramの画像が流れてきたので直接アクセスし、そのアカウント主のトップページを見ようとしたら非公開になってるじゃありませんか。非公開に設定しても、画像個別のURLを貼り付けると誰でも画像が見られるんですね。というわけでひとつ賢くなったさっこさんですこんにちは。しかしこれってInstagram使ってる人は皆知ってるのかなあ?

さて、今日は妊娠用語についての話です。ネットを利用するようになっていろんな妊娠用語に触れるようになりました。その中には意味を勘違いしてたものもあったりで、なかなかに奥が深いのです。というかほとんど知らない人が聞いたらなんのことかわからん。

最初に勘違いして覚えたのは「シンママ」でした。てっきり新米ママのことかと思い込んでたんですが、シングルマザーのことだったんですね…。略す必要性あるのこれ?シングルマザーでいいじゃん。次に怪しげな想像をしてしまったのが「マタママ」でした。股ママ…?お股がゆるいママ→浮気してるママのことかと思ってたよ。実際はマタニティママ(妊婦)のことだそうで。初めての妊娠の場合は初マタママと言うようです。舌噛みそうなんですけど。

他にちょいちょい見かけるのが「妊娠菌」「安産菌」という用語です。紹介したトピを読んでもらえばわかるように験担ぎみたいなものですね。


しかし妊娠菌とか安産菌って「子宝祈願」「安産祈願」とほとんど変わらないよなあ。お寺や神社で祈願した方が御利益ありそうだけど。私の知ってるところだと、子宝祈願は金倉寺かな。

安産祈願は一方宮神社が私の住んでる地域では有名です。

読んでもらったらわかるとおり、ここの神社の小石を持ち帰って安産のお守り代わりにするのです。で、無事出産したら持ち帰った石ともうひとつ別の石を持ってお返しするのが習わしです。私は持ち帰ったことないんですが、行ったことはありますよん。すぐ近くに産婦人科のある総合病院がありまして、狙ってるのか狙ってないのか。

まあ「妊娠菌」「安産菌」なんて用語見てるとスピリチュアルなものを連想しますが、そうなってしまうぐらい藁にもすがる想いの人が多いんでしょう。私は「なるようになる」と思ってしまうタイプなのでそう気にしたことはなかったですが。

余談

私自身は分娩時間が比較的短めだったので「分娩室に入ったら長くても30分もあれば産まれる」とだいぶ最近まで思い込んでました。ところが!それは大きな間違いでございました。

紹介した記事に書いてますが、初産婦で「1~2時間」、経産婦で「30分~1時間」だそうで…。嘘-!皆そんなに長い時間耐えてるの!?四男のときなんて10分程度でオギャーだったし、長男のときですら30分程度だったよ…。自分がどんなに安産だったのか、よーくわかりました。すみませんお産なめてました_(:3 」∠)_