仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

私なりに考えた夫婦のあり方

こちらは10月と言えば祭りシーズンでして。週末はどっかこっかで獅子舞をやってたり太鼓台が練り歩いてたりするのであります。この時期になりますと男子中高生の半分ぐらいは祭りバカになります。長男の高校もご多分に漏れず、男子の半数ぐらいは祭りに顔を出してるので声がかれてるとか…。長男は祭りには全く興味ないんですけどね。夫も筋金入りの祭りバカだったよな…と思い出に浸るさっこさんですこんにちは。祭りになると家族のことなんて忘れちゃうもん。さすがに寄る年波には勝てず、最近は見てるだけになってますけどね。

さて、そんな夫の思い出に浸ってるときに放送された今日のあさイチのテーマはこれ。

目指せ!ハッピー“家事シェア”ライフ!|NHK あさイチ

つまみ食いでしか見てなかったんですが、いやー、他人事だから面白かったですよ。どうしても家事をやりたくない夫にチェックシート作って夫がリクエストしたBGMまでかけて家事をやらせる妻。なにこれ下手なコントより面白いじゃんwなーんて思いながら見てました。しかしこんなもん朝放送したって見てる夫なんてほとんどいないだろうし、無意味だよなといつも思ってしまうのであった。

まあそれはさておき。他人事だから笑って見ていられたけど、実際に自分がこんな夫婦関係だったら嫌ですよ。何が嫌って妻は夫のことを全く信用してないし、夫は夫で家では駄々こねていいと思ってるフシがある。これじゃあ夫婦っていうより母親と息子に近い関係じゃないですか。なんで結婚したんだこの二人…。これじゃあ子供が欲しいから結婚しただけって感じに思えてしまう。家事をやってくれないどうのより、夫婦としてこんな意識でいいの?というほうが気になってしまいました。

こういう話題で登場する「夫を教育する」という言葉が私は大嫌いなのです。教育ってなに?そんなに妻は夫より偉いの?っていう。それともあれか、わざわざダメンズと結婚して自分好みに育て上げるのが趣味なんですかね。まあ夫がそれに従ってくれるのならそれはもう他人の好みなのでこちらから何も言うことはないですけど。

個人的には相手の至らない点を指摘しあってお互いがそれを克服していく…というのが理想的な夫婦のあり方なんですけどねぇ。人間だもの、何もかも完璧にできる人なんてこの世に存在するわけがない。でも努力で欠点を克服することはできるわけで。さらに言えばお互いに労りの気持ちを忘れなければいいんじゃないだろうかと。

私はよく「自分は夫にとってふさわしい妻なんだろうか」と自問自答します。一緒にすごせばすごすほど、自分の至らなさがあらわになってくるから。夫のほうは時々「苦労をかけてすまん」と言ってくれるので、おそらく私と同じ気持ちなんだろうなあと思います。そう思ってくれるだけで嬉しいものですよ、ええ。

家事育児の分担なんて完全にイーブンにしたり一緒にこなすことにこだわる必要はなくて、謙虚な気持ちになれたら自然と自分達に合った分担方法が見えてくるんじゃないかなあと思います。やっぱり一番大事なのはお互いを思いやる気持ちだよなあという当たり前の結論に。長々書くことでもなかったなw

しかしこんなこと書いてますが、大体うちら夫婦ってこんな感じなんですよね。

f:id:plutan:20141008125153j:plain

ま、夫婦漫才目指してますから!ということでお後がよろしいようで。チャンチャン♪