仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

父親以外に「イクメン」と名乗らせよう

午前中買い物に出かけて夏休みの次男に昼食を作った後、爆睡してしまったさっこさんですこんにちは。どうやらまだ運動会の疲れが取れないらしい…。もう4日も経ってるのに!年を取るとなかなか体が回復しないものなんですな…。運動苦手で普段運動してないから余計なんだろうけど。とほほ…。

さて、昨日id:tsundokusyoさんのエントリーを読ませていただきました。

「イクメン」という言葉は「イクオジ」とか「イクオヤジ」に替えるべき - 育児+共働き ゆのたつ家族日記

私はどちらかというとエントリーについてる下記のブコメに共感しました。

そもそも父親なんだから育児すんのは当たり前。母親はどんなに育児してもイクママ?wイクウーマン?wとか呼ばれない。つーことで、こんな言葉もいらんと思います。 - asamin_426 のコメント / はてなブックマーク

大体、父親であればよほど変な人でない限り何らかの形で我が子と関わってるわけで、一々イクメンなんて言葉を使うのがおかしいのかなと。イクメンと名乗らないと父親でない、みたいなことになるのは嫌だな…。

「妻の気持ちを汲んであげて子供のお世話もマメにする優しい父親」というキラキラした父親像の押し付けを「イクメン」という言葉に感じて苦手なだけなのかもしれません。

「イクメン」という言葉が苦手な理由を考えてみた - 仕事は母ちゃん

以前、こんなことを書きましたが、これに通じるものがあると思います。だから「イクオジ」も「イクオヤジ」も要らなくて、ただ「父親」でいいんじゃないかと。その中でもとりわけ素晴らしい父親がいるのであれば「スーパー父ちゃん」あたりが妥当じゃないですかね。私が唯一「スーパー父ちゃん」と思ったことがあるのは義兄だけですけど。

では仮にイクメンという言葉を別の形で使うとしたら、どんな人物に当てはめることができるのか。答えは簡単です。独身だったり既婚だけど子供はいない、でも子供を預けられても面倒をきちんと見られる。そんな男性に「イクメン」という言葉を使えばいいのですよ。ほら、イクメンという言葉が光り輝いてくるじゃないですか。イクメンだったら結婚して子供が産まれてもしっかり面倒見てくれるだろうからいいな♡とポイント高くなるかもしれませんよ。

そんな男性いるわけない?いやいや、夫はこの意味だと間違いなく独身の頃はイクメンでした。今の私よりずっと子供の面倒を見るのもこなれてたし。ダテに高校生から叔父やってるわけじゃないのです。出産前に夫から子供の扱いについてあれこれ指導を受けたぐらいです。これも先に結婚して子供に恵まれた義兄や義姉達が、我が子をがっつり夫に面倒見させてくれたお陰なんですが。

しかしそうなると女性の場合はどんな言葉を使えばいいのかなあ。イク女?なんか卑猥な感じに…。もっとスマートでぴったりくるような言葉ありませんかね?