読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

長男も18歳になりました

勢いで昨日のエントリー書いたけど、ちょっぴり後悔してるさっこさんですこんにちは。書いた後で昔のことを思い出して非常にきつかった。このパターンで打ちのめされるのわかってるのに書いちゃうんだなあ…。ここまできたらとことん書こうかなと思ったりもするんですが、今日はそんなディープなエントリーは書きません。だって長男の18回目の誕生日なんだから。

長男の妊娠に気づいたのは1996年の正月休みのことでした。生理が遅れてる…しかしまさかまさか。だって挙式したの11月だよ?そりゃあ妊娠する気はあったから生理で夜いちゃつけなかった新婚旅行から帰ってきて毎日生エッチしてたけど、こんな簡単に妊娠するとは思わなかった…。私の子宮は正常に機能してたんですな。余談だけど新婚さんは毎日セックスするものだと思ってたんですが、実際はどうなんですかねぇ…。

とにかく「まさか」と悩んでいても始まらないので念のため買ってあった妊娠検査薬でチャレンジJOYしたら見事にくっきりはっきり陽性でした。こんにちは赤ちゃん。しかし全く実感はなし。そりゃそうだ、1年前の今頃は夫と出会ってもいなかったし結婚する気も全くない…というか結婚のけの字も頭になかったんだもん。まだ結婚した実感すらないのに現実は私の気持ちをおいてけぼりにしてさっさと先に進んじゃってるよ。

近くの産院は当然休診してるから受診はできなかったんですが、とりあえず夫に報告すると一瞬驚いた顔をした後、とても喜んでくれました。なんか父親になる気満々すぎるよこの人…と思ったものです。まあだからこそ子供産んでもいいかなと思ったわけなんですが。で、正月休みが明けて仕事始めの日。夫は私を産院に連れて行ってくれたんですが、産院はまだお休み中でした~。調べてから産院行けよ俺たち。確認したら明日は大丈夫だったので、夫には「もう恥ずかしいからついてこなくていい」と言って翌日私だけで産院へ行きました。私にとって生まれて初めての産婦人科受診でした。

妊娠する気はあったので結婚前から妊娠出産関連本を買って読んではいたんですが、やっぱり初めての内診は緊張しました。指はともかく器具が挿入されるのは違和感バリバリでつい体に力入ってしまったら「力抜いてくださいね~」と言われてしまいました。すんません。内診の後、超音波検査をしたら本当に豆粒より小さいんじゃないかという胎嚢が(胎児が入ってる袋ですな)。この中に赤ちゃんが…?全然そんな感じしない…というか本当に生きてるんだろうかこれ。なんて呑気に考えてました。

診断の結果「妊娠してますね、おめでとうございます」とは言われたものの、その後に「しかし出血が認められるのですぐ入院して安静にください」と続けられてしまいました。そう言えばなんかおりものがずっと茶色かったな…全然気にしてなかった…。しかしすぐ入院と言われても入院準備して持ってきてくれる人なんて昼間我が家にはいないよ…。祖母と同居だったけど彼女は運転なんてできないし、大体車で産院まできてるから、このまま車を産院の駐車場にほっぽくわけにはいかんぜよ。

というわけで医師にお願いして翌日入院でOKをもらって帰途につきました。しかし困った…仕事始め早々入院て。それに祖母はまだ元気とは言え、私がずっと食事を作っていて、昼ご飯も暖めたらいいようにして出勤してたんですよね。大丈夫だろうかと不安…。大体、もう出血してるんだったら入院するだけ無駄なんじゃ…などと思ってました。

ここからは以前も書いたんですが、入院のため夫の車で送ってもらっているときに「お腹の子もうダメかもしれんね」とつぶやいてしまい、夫に「バカなことを言うな!」と強い口調で叱られてしまいました。ごめん…でも本当にこのぺったんこのお腹に赤ちゃんがいるなんて実感できないんだよ…ホント他人事でごめん。そして赤ちゃんの心配なんて全然してない自分に愕然としてしまいました。こんなんで母親になれるのか自分。

そして始まった入院生活は退屈そのものでした。トイレに行く以外起き上がれなかったですからね。動き回りたい!本読みたい!しかも個室だからものすごくシーンとしていて刺激がなんもない。当時は携帯も持ってなかったので本当に何もない状態でした。こんな生活、いつまで耐えられるのかと思いましたよ。唯一の救いは毎日夫が見舞いにきてくれたことでした。本当に神か仏か状態ですよ。おしゃべりする相手がいることがこんなに嬉しいなんて…。

幸い、入院生活は2週間ほどで脱することができました。ああ、シャバの空気はうまい!それからも妊娠生活に紆余曲折はありましたが、無事出産までこぎ着けることと相成りました。出産の様子はこちらでまとめております。次男のときのも入ってるけどw

というわけで最後になったけど、長男誕生日おめでとう。今日は技能検定の実技試験日だから誕生日気分になれないと思うけど、ケーキだけは頼んでるから祝おうな…と思ったら「今日は友達の家に泊まる」だと!?ケーキは家族で美味しくいただいとくぞこの野郎!

どうでもいい余談

結婚式まであと1ヶ月ほどになった頃の話。結婚式の準備でどたばたしてついうっかりしてたけど、生理遅れてないか…?あまり遅れることのない私が1週間もずれるってあんまりなかったので「えっまさかえっ」と思ってしまいました。

そして真偽を確認しないまま、次のデートで外食してるとき夫に「生理遅れてる」と言ったら…顔青ざめて無口になってしまった。挙式する前に妊娠だってわかったら口うるさい私の母に何言われるかと思ったらしい。で、結局単に遅れてるだけでした~。やっぱりちゃんと確認してから報告したらよかったね。長男妊娠時、妊娠検査薬を買い置きしてたのはこんな事情があったからでした。

後で夫から「あのときは折角奮発したのにご飯の味がしなかった。騙された…」と言われてしまいました。ごめーん。でも心当たりあるからご飯の味しなかったんやろ?嫌なら生エッチはやめとけっての。