仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

おむつでも いいからゆっくり トイレトレ

こちらの小学校の運動会は保護者も競技に参加するのですが、そのメンバーを昨夜決めました。少子化でどんどん保護者が減っているので、競技は全員かけ持ち。私が出るのは綱引きと三人四脚と障害物リレー。運動音痴の私にとっては苦行でございます。夫も勿論参加するんですが、男性は男性だけで集まって決めてるので何に出るのかは知らないw少なくとも来年度までは保護者参加なので、頭が痛いさっこさんですこんにちは。

なんせ若い保護者だと20代ですよ、20代!私なんて来年50歳じゃん…。親子だよ親子。マジあり得ない。まあこの年齢のお陰で一番得点の高いリレーには出なくて済んでるんですが。だってリレーは20代と30代から出場者を決めることになってるので。私みたいな老体はお呼びじゃないのよ。

さて、今日の話題はトイレトレです。なにしろ4人息子がいますからね。トータルで10年ぐらいおむつ替えをする日々を過ごしました。それ以外に祖母のおむつ替えもしてたんだけど、まあそれは別の話ということで。

長男の場合

長男が1歳の誕生日を迎える直前に次男の妊娠がわかったんですが、そこで切迫流産と診断されて絶対安静を言い渡されるわ、つわりで一日中船酔い気分で動いていても寝ていても気分が悪いわで、1歳からのトイレトレは断念して2歳ぐらいからスタートすることにしました。その長男のトイレトレにはふたつほど難題がありました。

ひとつは長男が超頑固な便秘くんだったのです。偏食がひどくて野菜が足りなかったのか、それとも体質なのか。私も幼い頃便秘だったようなので遺伝だったのかも…。便秘くんだとどうなるかと申しますと、うんちをすると痛いのでうんちを我慢する→ますますうんちが固くなる→どう頑張っても出ない→浣腸に頼る…という繰り返しだったのです。

とりあえず浣腸してからトイレで排泄させる、というのを試みたわけですが、それが原因でトイレに行くと排泄で痛い思いをする、というのが刷り込まれてしまってトイレを嫌がるようになりました。トイレに誘っても頑として拒絶し、隠れてうんちやおしっこをするように…。トイレトレーニング用のパンツにしたら気持ち悪いから教えてくれるかと思って試してみましたが、びしょびしょに濡れたパンツのまま遊んで私に報告をすることはしなかったのですぐ断念しました。乳児抱えて洗濯物増えると私のライフが削られまくりだから…。

もうひとつの難題は、当時我が家のトイレは和式だったんですよね。で、和式便座用の補助便座を使ってたんですが、慣れないうちは幼い長男には厳しかったようで、慣れるまで支えてあげなければなりませんでした。Amazonで検索したけどなかった!四男出産した頃は扱ってたと思うんだけど…。大体こんな感じのものです。

f:id:plutan:20140825134757j:plain

和式補助便座、幼児のトイレトレーニング

とにかく一番おしっこが成功する確率の高い朝起き抜けにトイレに連れて行ってましたが、おしっこは成功するもののうんちはなかなか出ませんでした。そのうち動きが活発になったせいか便秘も解消してきたんですが、おしっこやうんちが成功してほめても、自分から「おしっこ」「うんち」とは言わない…。

で、結局3歳をすぎてもおむつから卒業できず。そうこうしてるうちに三男を妊娠するわ、幼稚園入園が迫ってきてるわで、こりゃもう入園までおむつ卒業は無理だろうと半ば諦めてました。ところが入園までもう1ヶ月もないという3月のある日。長男が突然「ぼくパンツ穿く」と言い出したんですよね。それまでどんなに勧めてもおむつしか穿かなかったのに。漏らされる不安はありましたが、本人が言い出したんだからとパンツを穿かせてみたら、なんとその日の日中は全くお漏らしなしですごせたんですよ。幼稚園の入園説明会で他の子達がトイレで用を足してるのを見て、自分もトイレでしないと…と思ったのか、それともいつまでもおむつを替えてもらうのが恥ずかしくなったのか。理由は定かではありませんが、この日を境にして長男は日中のおむつを卒業しました。長男、当時3歳6ヶ月。それからしばらく夜だけはおむつを穿いて寝てましたが、それも3ヶ月ぐらいで無事卒業の運びとなりました。

次男の場合

次男は長男が幼稚園に入園したのを機にトイレトレを開始しました。当時2歳になったばかり。三男の出産予定日が9月だったので、あわよくばそれまでにおむつを卒業できたらいいなあと思ってました。ダブルおむつは本当にもう勘弁って感じだったので。トイレのほうは祖母の足腰が弱って和式だと自力で用を足すのが難しくなってきたので、ちょうどこれぐらいの時期に洋式に模様替えしました。だから長男のときよりは楽かと思ったんですが…。

長男と違って快便っ子だったのでトイレ自体は嫌がらなかったのですが、自分から「おしっこ」「うんち」と言うのでトイレに連れて行っても出ない、逆にトイレに誘っても「おしっこない!」と言い張るのにすぐ漏らす…という感じで、だいぶ次男には振り回されました。しかも長男と違って口達者なのもあって、イライラ度アップ。ついキレることもままありました。

結局、三男を出産するまでに卒業は無理だったんですが、長男が私が付き添わなくても用を足せるようになってそれを真似したいと思ったのかどうか、自然に自分でトイレに行くようになりました。失敗もあまりなくて、卒業は拍子抜けするぐらいあっさりしたものでした。次男、当時2歳10ヶ月。本当はトイレで用を足せるけど、単に甘えてただけなのかもしれませんね…。

三男と四男の場合

この二人に関しては、トイレトレなんてしたっけ?というぐらい記憶がないのです。もうめんどくさいから3歳でもおむつでいいや、と開き直ってたのもあるかもしれません。朝起き抜けにトイレに連れて行く以外に特別なことって何もしてないんですよね。

この二人は使い捨てのトレパンを使いましたが、三男が失敗したときに黙って汚れたトレパンをおもちゃ箱に突っ込んで、新しいトレパンに履き替えて知らんぷりしてるのに往生したぐらいです。そこまでできるんだったらトイレで用足せよ!と思いましたが。漏らされてもそんなにイライラしなくもなってました。小さいからしょうがないよなと。あまりにも漏らす日が続いたらおむつに戻すこともありました。それも良かったのかもしれません。

結局、三男は3歳5ヶ月で、四男は3歳7ヶ月で無事卒業となりました。遅いほうだと思うしあれこれ言う人はいましたけど、完全スルーでした。親がキリキリしないのが一番いいのかもしれませんね。親も子もストレス溜めちゃあダメですわ。

余談

私自身の話ですが、どうやら2歳になる前におむつを卒業したようです。実母は「お漏らししたときにお尻が腫れるぐらい叩いてたらトイレで用を足すようになった」と自慢げに話してましたが…。それ虐待じゃないのか…。昔はこんな親が多かったんですかねぇ。