仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

どうしようもない父ちゃんがいいのです

起きた時は青空が見えていたので午前中は天気持つのかな?と思ってたのですが、みるみるうちに曇ってきたかと思ったら大粒の雨と雷…。お陰で涼しいのですが、洗濯物は乾かないなこりゃ。この雨の中、長男は資格試験の勉強のため、三男は部活のため登校しました。帰りはあまり降ってないといいなあと思うさっこさんですこんにちは。夏休みと言えども子供も何かと忙しいですな。

さて、昨日何となくブクマしたこのエントリーが物議を醸してるようで。

夫が全てを台無しにする - トウフ系

ブコメ読んでたら、これのどこがほのぼのした話なのか?というのがあって目が点になりました。ってかどう考えてもノロケだろー!と思ったんだけど…。

うちの夫もこのエントリーでちらっと書いたように、しょうもないこと言いでございます。以前、ハイクでも書いたんですが、次男とこんな会話をしたことがあります。

次男「母さん、いつになったら父さんは自分の子をいじらんようになるの?」

私「もうあれは死ぬまで治らないから我慢しろ」

次男「そんなあ…」

しょうもない冗談は言うし、バレバレの嘘をつくし、いつまでも昔のことで我が子をからかうし、くだらない絡み方をしてくるときがあるし、なんかもうどうしようもないんですな。義母や義姉達、義兄や甥姪にまで

「のぶちゃん(仮名)のアホさも年を取れば治るかと思ってたけど、全然治らん」

と突っ込まれる始末です。

しかし本当にどうしようもないだけなら息子達は夫のことを嫌って口も聞かなくなるでしょう。そうならないのはきちんと押さえるところは押さえてるからです。

息子達の悩みには真摯に話を聞いて対応するし、息子達の将来の話なんかは自分の経験を交えながらアドバイスするし、「ご近所には息子達がお世話になることもあるから」と嫌な顔ひとつせずにご近所さんとのお付き合いもしっかりやるような人です。そういう土台がなければ、ただのダメ親ですよ。息子達もそういう夫の真摯なところがわかってるからこそ「父さんはどうしようもない」と思いながらも夫を邪険にしないし「父さんも大変だ」と思ってくれるわけで。

私もちょくちょく「お父さん頑張ってくれてるから労ってあげてよ」と息子達に話してますが「わかってるよ、それぐらい」「自分がお父さんやったらあんな風にできるか自信ないぐらいすごいと思ってる」という返事が返ってくるので安心はしてます。そういうところが息子達に伝わってないなら問題ですからね。

まあなんていうか、夫は寂しがり屋だと思うんです。わざと突っ込まれるような言動をするのは、構って欲しいからなんだろうなと。少々めんどくさいと感じることはありますが、そういうところが可愛いんですのよ。「散らかしっぱなしにするなよ!」と言えば「すみませーん」とさっさと片付けてくれるし、本来は私よりずっときれい好きな人なのでわざとやってる感ありありなんでございます。ああめんどくさいけど可愛いよ、我が夫w