仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

履歴書に書く趣味と特技

来週半ばから泊まりがけで出かけるので準備をぼちぼちしなくてはならないのですが、なかなか重い腰があがらないさっこさんですこんにちは。買ったものといえばバーベキュー用の焼肉のたれだけだわ…。インドア派なので出かけること自体がめんどくさくて仕方ないのです。でも家族揃って出かけられるのもこの夏が最後になるかもしれない。来年の今頃、長男は社会人ですからね。というわけできばらんとあかんなあと思うのですが…ああ、だるい。

そんなわけで就職選考を控えてる長男なのですが、まず履歴書を書かなくてはならない。学校の指導で書くんですけど、長男がぶち当たった難題が「趣味」と「特技」でした。

私「あんたの趣味ってなんなん?」

長男「寝ることやろ、次に天井を見ること」

私「天井wwwなんやそれwww」

長男「やることなかったら寝っ転がって天井見るんや。そしたら天井の木目が愛らしく見えてくるんやって」

私「ガチで鼻水吹いたやんかwww」

当然こんな趣味なんて履歴書に書けるわけがありません。そんなわけで長男が悩んだ末に先生に申告したのが「刃物を研ぐ」だったのでございます。

私「刃物を研ぐってwww殺人鬼じゃあるまいにw」

長男「…先生に言ったらな、ものすごく長いこと考えられた挙げ句、趣味としてはおかしいって言われた」

私「やろうなw」

長男「先生には山の手入れするための鉈を研ぐんやって言ったんやけど、趣味としては壮大すぎるって…」

と言うわけで悩んでる長男に「映画鑑賞は?」と言うと「そ れ だ!」と飛びつかれました。ちょっとは頭使えよな。

私「でもどんな映画が好きか、いくつか考えとけよ。面接で聞かれるかもしれん」

長男「そうやな…アバターやろ、ワイルド・スピードやろ…」

私「ハリー・ポッターは?全部観たやん」

長男「ハリー・ポッターか…あれは賢者の石が一番面白かったな。後のはな…ハリーが時々シンジになるからなにこれ?と思った」

私「なんでシンジwww」

長男「だって突然わけがわからんようになってロンやハーマイオニーに当たり散らすやん。あれはどう考えてもシンジ」

まさかハリポタの話題からエヴァンゲリオンになるとは…この発想はなかったw面白すぎるw

次に特技ですが、長男が何とかひねり出したのが絵を描くこと。しかし問題は「どんな絵を描くのかってことなんや…」。長男が描くのは大体アニメやマンガの模写でして。

まあそれはいいんだけど、先生から「ちょっとそれは面接でウケが悪いと思う」と言われたので、どんな絵を描いてることにするか悩んでおります。「大嘘つくと後がめんどうやしなあ…」まあそりゃそうだ。というわけで12日の登校日まで、長男の苦悩は続きそうです。

それにしても…なんつーか男子の感性ってこんなものなのか?それとも長男が特別面白いタイプなのだろうか…。以前も髪が伸びた長男に「さらさらヘアになったなw」と言ったら「ハゲてない!」と言い出したのでどういうことかと問いただしたら

「更地ヘア(つまり頭が更地)という意味かと思った」

と言われて涙流しながら笑ったことがあったのだが。男子ってよくわからんわw