仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

高校生の就職日程

今日、長男は某企業の見学会へ出かけました。集合場所は企業近くにある駅なんですが、またしても「ひとりでッ!電車なんてッ!乗れないッ!」とわめくわめく。実は集合場所の駅に行くには2回乗り替えしなくてはいけないのですが、それが不安で不安で仕方ないらしい。それを察した担任に「お前まさか親に集合場所まで送ってもらうつもりじゃないだろうな。甘すぎるぞ。電車で行け」と釘を刺される始末。ほんまこんなんで就職してやってけるんやろうか…と思うさっこさんですこんにちは。いくら普段電車使わないからってもうすぐ18歳なんだからさあ…。

遠方の企業に就職すれば寮で生活することになるだろうけど、それを言ったら「誰が俺にジュースやおやつ買ってきてくれるの?誰が俺の部屋掃除してくれるの?(いつもは次男がお世話してる)」ときたもんだ。ふざけんなー!ずっと弟におんぶに抱っこで生活する気かお前はっ!弟にも弟の人生があるんやでっ!そんな長男、初月給でやりたいのは「コンビニのチョコモナカを買い占めること」だそうです。まあ腹壊さないようにしろよ…。そんな情けない長男に頭悩ます日々ですが、ここで高校生の就職日程をメモ代わりに書いておこうと思います。

まず新年度が始まってすぐに進路希望調査があります。この段階では進学か就職か、就職なら希望職種があれば書く、程度の話です。これで学校は大雑把に就職希望者の人数を把握して企業訪問を行うことになります。

6月になると校内で企業説明会が行われます。就職した卒業生の経験談を聞くこともできます。これで生徒は具体的な就職先をイメージできるというわけですね。

7月に入ると学校が各企業からの求人票を受け付けます。生徒はいつでも校内のパソコンで求人票を閲覧でき、希望すれば印刷して持ち帰ることも可能です。それ以外に求人受付一覧も学校から配布されます。これを見ながら生徒は就職希望先を決めるわけです。正直私にはどこがいいのかさっぱりなので(条件はともかく、どの仕事が長男に合うかよくわからない)長男には夫と話し合って煮つめてもらいました。

そして昨日三者面談を行ったわけですが。ここでまだ就職希望先を迷ってるならアドバイスをもらうことになります。長男まだ迷ってるんだよなー。締め切りは今月末なんだけど(ぇ

こうして生徒の就職希望先(第4希望まで書きます)が決まると学校での選考作業に入ります。求人より希望者が上回れば、学校が優秀と認めた生徒が希望を優先されるわけです。こうして校内選考が終われば生徒の就職応募先が確定します。

確定後の登校日に履歴書などの書類が配布され、学校の指導の元、記入することになります。また、学校や職安の面接指導や就職模試もあります(学校の面接指導以外は希望者のみ)。

企業への書類発送は9月に入ってすぐで、入社選考試験は今年ならほとんどの企業が9月16日です。大体選考試験から一週間前後で合否通知が届くことになります。ここで落ちた場合はさらに就職指導が続くわけです。

とまあこんな感じ。長男、選考試験の前に技術検定試験があるので、その勉強でも忙しいんだよなー。希望してる企業の内定取れたらいいんだけど果たしてどうなることやら。まあ就職してからが本番なので、頑張って欲しいところです。