仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

高齢出産と更年期障害

先日、四男と話してたら「学校の帰りに四男の愛する人が手を振って挨拶してくれた」と言うので飲んでたお茶を吹きかけたさっこさんですこんにちは。よくよく話を聞いてみると、お相手は中1らしい。また年増(四男にとっては)を好きになったのかよ!そうかと思うと学校ではジャングルジムにのぼってる同級生女子のパンツを見て喜んでたらしい。自分でそれを言うか…。

長男や次男はさっぱり女子に対してアクティブにならないのに、なにこのアクティブぶり。三男は幼稚園児の頃から色気づいてきやがったし。しかも初恋の君は担任の先生だったからな…。友達と先生を取りあって喧嘩したっけ。長男は「なんか俺や次男と違って、三男や四男はリア充っぽくないか?」と申しますが、これはリア充とは違うと思うぞ…。

さて、そんな息子達の相手をするのが最近ちょっとしんどいなあと思うようになりました。幼い頃に比べたら体力的に楽になってるはずなのに。疲れやすくなってるし思うように動けなくなってきてます。加齢のせいもあると思いますが、私にはそれだけとは思えなくて最近不安なのであります。更年期障害。閉経前に心身の不調が起こるアレです。私も49歳ですからね、別に不思議じゃありません。閉経は50歳前後、いつ女性としての機能を失っても不思議じゃない時期です。

これが漠然とした不安ではなく、根拠あるものがありまして…。実母の更年期障害がそれはそれはひどいものだったのです。わかりやすく言えば自律神経失調症の症状が現れたんですね。特に悩まされたのは被害妄想で、外出すれば「誰かに後をつけられてる」「監視されてる」と言うし、家で過ごしていても「話を聞かれてる」「(家族しかいないのに)悪口が聞こえた」などと言い出すし。あまりにもひどくてこちらまでおかしくなりそうでした。

胃が痛い痛いと言いだしたので実父が内科に連れて行き、そのときに精神安定剤を処方されたんですが、薬嫌いの母は服薬したりしなかったりであまり改善は見られませんでした。そのうち症状も落ち着いたんですが、5年ぐらいこんな状態が続きました。

更年期障害の症状は千差万別なので自分もこうなるとは限りませんが、やはりこの目で見てきたので怖い。自分もあんな風になってしまうのかと思うと怖い。実母に症状があらわれたとき、私はもう成人してましたが、四男はまだ小学生です。これから難しい時期に差しかかるのにどうなるのか不安です。

産むだけなら閉経まで妊娠は可能だし、実際私は40歳で出産してます。でも人様にはとても勧められませんね。ある程度覚悟して産んだものの、やはり現実にリミットが近づいてくると平静ではいられません。こうなってくると「やっぱり産むなら若い時のほうがいいな…」と思ってしまいます。果たして私は上手く更年期を乗り越えられるんでしょうか?

余談だけど、閉経が近づくと最後の妊娠チャンスを逃さないようにと性欲が増す、という話を聞いたことがあります。性欲はともかく、最近妊娠したくて仕方ないのはそのせいなのかしらね…。ああ、孕みたい。一から子育てする気なんてもうないのに。女性の体というのは本当に厄介なものですなあ。