仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

それだけはやめて-!

本日、四男が通う小学校では新入生歓迎遠足がありました。遠足といっても学校の近くのため池周辺まで徒歩で出かけて自己紹介やらゲームやらをする程度なので、帰宅はきわめて早い。14時頃に帰ってきました。宿題は絵日記で遠足のことを書くのが定番です。さて、書き終わったら誤字のチェックだけしようと考えてるさっこさんですこんにちは。

もう四男でも小三になったので困るようなイタズラはされなくなったのですが、息子達が幼い頃はちょっと目を離すととんでもないことをされたものです。まあ本人はイタズラのつもりは全くなくて遊んでるだけなんでしょうけど、後始末を考えると母ちゃんはめまいがしたものです。今日はそんな息子達の戦歴(?)を紹介しようかと思います。

油の海

長男が幼稚園年少、次男二歳、三男妊娠中のことでございます。次男を連れて公園へ行った帰りに買い物して帰宅し、洗濯物を取り込んで次男の元に戻ってきたときにあまり目にしたくない惨劇が広がってました。

次男、台所に置いてあったサラダ油のフタを開けて全部床にぶちまいてたんですよね。まだほとんど使ってなかったサラダ油…。床だけじゃなく、次男も油まみれです。しばらく現実が受け入れられなくて呆然としてましたが、とにかく次男をお風呂に入れなきゃ!と湯船にお湯を投入してる間に床に新聞紙を張り巡らせました。油吸わせてからじゃないと拭き掃除もできやしない…。

そして次男をお風呂に入れて油をすっかり落として着替えさせて二階に放り込んで床掃除にとりかかりましたが、洗剤だいぶ使いましたよ、ええ。どうにか油を取り除くのに一時間はかかったでしょうか。その後服を手洗いして油を落として洗濯機に放り込んで…。もうくたくたになりました。ちょっとの間だけだからと次男を一階に残した私の戦略ミスですが、よりによって油ぶちまけるとは思わないじゃないですか…。醤油や料理酒なら良かったのに…(油よりはマシ)

それはクレヨンじゃありません

長男が二歳ぐらいの頃の話です。大人しく座敷で遊んでたので、その間に炊事をせっせとして長男の様子を見に行ったら…畳が…畳が赤い!義姉からいただいた海外旅行みやげの口紅(まだ使ってなかった)を化粧台から持ち出して口紅で畳に落書きしてたんですよ、ええ。口紅はほとんどちびてなかったですよぉ…。

口紅を使われたよりも畳の目にめり込んだ口紅どうしようと頭真っ白になりましたよ。何度も何度も拭き取ったけど、完全には取れず。毎日せっせと拭いてたらそのうち目立たなくはなりましたけど。大人しい子だし、化粧台には普段近づかなかったから油断してました。口紅が珍しかったのかしらね。母ちゃん、普段リップ使うぐらいだもの(すっぴん上等)

おもちゃはおもちゃ箱へしまいましょう

まだビデオデッキがあった頃の話。当時二歳だった三男がアンパンマンのビデオを見たがるのでビデオをセットしようとしたら入らない。え!と思って覗いてみたら、ミニカーが何台か入ってるっぽい。ミニカーが好きなのは三男なので、どう考えても三男の仕業です。ああああ…兄ちゃん達のときはやられなかったのに三人目にしてやられた…。

ひょっとしてミニカーをデッキにセットしたら車の映像がテレビに映るとでも思ったのかしら。結局、ビデオデッキは買い換えることとなりました。とほほ。

長男が泣いた日

四男が一歳頃の話です。一階で炊事をしていたら、二階から長男の悲鳴が。どうしたのかとすっとんで行ったら…。長男が済ませた宿題のプリントに、四男が盛大に落書きをしてました。もう宿題はめちゃくちゃです。宿題を済ませた後、すぐに片付けずプリントとエンピツをローテーブルに放置してた長男が悪いんですが、さすがにそれを責めるには気の毒な有様。

「これからは宿題終わったらすぐ片付けるように」と注意して、落書きを消してあげました。少しでも書き直すところが少なくて済むように…。長男、泣きながら宿題をやり直しましたよ。年が離れた兄弟がいるとこれがあるから油断ならないのです。


他にも細かいイタズラはあるのですが、印象に残ってるのはこんな感じです。皆さんもこんなひどいことにならないように気をつけてください。って私ぐらいですかこんな間抜けな母親は…。