仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

我が子が言うことを聞かないときのチェック事項

本日は午前中にとある会合があって出席しました。年度初めなので役員も何人か変わっているので、また顔と名前を覚えなきゃ…。月に一度しか会合はないので、いつになったら覚えられるやらと思ってしまったさっこさんですこんにちは。だって顔はともかく名前を覚えるのが苦手で…。仕事してた頃は電話応対が結構多かったんですが「声だけでどの会社の誰かわかるようにしろ」と言われ「無理ぃ…」と内心思ったことが。私にはハードルが高すぎるわ。結局、頻繁に電話をかけてくる人以外は覚えられなくて、毎度電話口で社名と名前尋ねてました。すみません本当に。

さて、話はがらりと変わりますが。ネットの海をさまよってると「うちの子は言うこと聞かない」という悩みによく遭遇します。具体的には自分で散らかしたものをきちんと片付けない、連絡事項をすぐに言ってくれない、宿題をしてくれない…等々。まああるあるですよね。しかし「やることやりなさい!」と言っても子供は動いてくれないものです。大体何故してくれないのか、そこら辺分析せずに叱っても子供は動かないものなのです。じゃあどんなことをチェックすればいいのかですが。

学校や園で頑張りすぎてないか

四男が幼稚園年中の頃の話です。当時四男は家ではなかなか言うことを聞かない子でして。散らかしてもお兄ちゃんに片付けさせようとする→お兄ちゃんが私にチクりにくる→私が叱る…というパターンが多かったのです。

そんな折り、当時中二だった長男が職場体験学習で四男が通う幼稚園を選択し、三日ほど幼稚園に行くことになりました。その長男に四男の様子を尋ねたら

「素直に言うこと聞いて大人しくしてた。家と全然違う」

と報告してくれたのです。もう幼稚園も二年目だから慣れただろうと本人が幼稚園の様子をしゃべらなければ深く尋ねることはなかったのですが、四男なりに緊張した日々を過ごしてたんですね。担任も変わったし年少児が入ってきてお世話もするように先生から言われていたし。その反動で家ではだらしなくなってたんだろうなあと推測しました。

もう大きいんだからできて当たり前ではなく、頑張ってることは些細なことでも褒めないとダメだなあと反省しました。というわけで園や学校で頑張りすぎてるなと思ったら片付けに協力してあげるなど、親が手を貸せばスムーズにやってくれるんじゃないかと思います。

環境の変化についていけてるかどうか

長男が小三になってすぐ四男が生まれたのですが、その頃から学校で友達とケンカすることが多くなりました。本人はそんなことを言わないので最初はわからなかったのですが、担任から電話で報告を受けて知るところになりました。担任からは

「お子さんにできるだけかまってあげてください」

と言われました。もう小三だし、四男が生まれる前から弟はいるからと積極的に長男にかまっていなかったんですが、「もう小三」ではなく「まだ小三」だったんだとあらためて気づかされました。その頃、私がチェックしないと忘れ物を頻繁にしていたんですが、「ギャングエイジだから大人に反抗したい年頃なんだろう」ぐらいにしか受け止めてなかったことを後悔しました。

四男が生まれて喜んでた長男ですが、それによる環境の変化になかなか馴染めなかったんだろうなと。そうでなくても三年になると勉強も難しくなってきますからね。子供を信用するのはいいけれど、子供の気持ちを汲んであげる手間を省いてはいけないなあと思いました。

思い当たることはない場合

色々チェックしてもあまり原因がわからないときもあります。そんなときは大人に反抗したいお年頃だとしか言いようがないです。こうなると生暖かく見守るしかないですね。他人に迷惑をかけることだけは親がフォローして、後は自主性に任せるのもひとつの手です。

子供も本当に困ったら親に助けを求めてくるだろうから、そのときに懇々とお説教すればいいでしょう。頻繁に叱ってると、子供も叱られ慣れてしまって「また始まった」と嵐が過ぎ去るのを黙って待つだけになってしまうのであんまり効果ないんですよね。

それに感情にまかせて叱ってしまうと支離滅裂になるので、子供はますます言うことを聞きません。子供でも理詰めで叱られると「やばい」と思うものなのです。夫が叱ると子供達はわりと素直に言うこと聞くんですが、静かなる怒りが伝わってるからかも。


…というのが私の経験談です。我が子にはこれで通用しましたが、子供なんて千差万別なのでどのお子さんにも通用するとは限りません。ただ、自分の知らない我が子の様子を積極的に知ろうとする姿勢は大事だと思います。そのためにも我が子の友達やその親御さん、担任からちょくちょく様子を聞き出すのは親としての仕事だと思ってます。