仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

疑問だらけの部活動

本日は姪(夫の長姉の長女)の結婚式でございます。岡山在住だけど挙式は沖縄。というわけで、早朝から夫を他の親族との待ち合わせ場所に送ってきました。帰ってくるのは日曜の夜。いいなー沖縄いいなー。ともあれ義母にとっては初めての孫の結婚式でもあり、誠にめでたい限りです。姪よ、お幸せに。口八丁手八丁な子だから、何があっても乗り越えられそうでこちらとしても安心して見守れます。

さて、結婚する姪のために昨日お祝いメッセージを書いていた長男ですが。ただいま部活で結構な難題にぶちあたってます。というのも昨年度までの顧問、副顧問をしていた先生方が全員転任してしまいまして。顧問が全員変わってしまったのです。長男曰く「年寄りと中年と新人(新卒の先生)が顧問になったんやけど、知識がちょっとだけあるのは年寄りだけで、後は全然ない」のだそうです。長男の部活は登山部でして。当然先生は引率しなければならない立場なんですけど、知識なしで引率なんて無理っすよ…。もうすぐ総体なのにどうするのよ。

「とりあえず年寄りは体力がないからダメ。中年は多分着いてこないから、新人を俺が鍛えるしかない」とのことでございます。長男は一応副部長なので後輩を指導する立場。部長は長男より成績が思わしくなくて抜けることが多くなりそうなので、長男に部活の責任がのしかかります。それ以外に先生まで指導しなくちゃならないのか…。「三年生が引退した後、先生が使い物にならんかったら後輩達が困るからな」ごもっともです。

それにしてもすんごく疑問なんですが、部活動の指導体制ってどうなってるんだろう。部活についての知識がない教師を顧問に据えるっておかしくないか?生徒だって困るし、教師だって経験のない部活の顧問をやらされても困るだろうに。万が一事故でも起これば顧問に責任がのしかかるっていうのに。

大体、部活参加は強制なのに指導体制が貧弱だと保護者の立場としても不安です。登山なんて下手したら命落とすことだってあるしなあ…。夏の合宿ではいつも黒部に行くので、なかなかハードです。ピクニックとはわけが違う。部活の指導者は教師じゃなくてもいいんじゃないかなあ。きちんと知識がある人に指導してもらうほうがずっと安心です。

別に部活動を教育に取り入れるのはいいと思います。体育会系はきついけど、体を鍛えておけば年老いても体力維持が容易だし。私は運動が苦手でまともにスポーツをやったことがなく「若い頃まともに体動かしとけばよかった…」と後悔してますからね。文化系なら専門的な知識が身につきます。でもそれもきちんとした指導があってのことです。

なんかなあ…素人が生徒を指導することに教育委員会は疑問を感じないんだろうか。部活動をやるならやるで、しっかりした指導体制を整えて欲しいものです。