仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

ああ肥満児

今朝の話ですが、Twitterでこんなツイートをしました。

するとタニタ公式さんから返信もらっちゃいました。

教えてくださってありがとうございます。フォローもしてないのになんかすみません。でもフォローはしないけどwこれだからTwitterはやめられませんねぇと思ったさっこさんですこんにちは。お陰でひとつ知識が増えましたよ。ついでに自分が内臓デブでないのもわかって一安心でございます。

さて、デブと言えば自分だけでなく、我が子のほうも気になるものでございます。

次男は小学生になってからめきめきと体重が増えて、顔も体もまるっこくなってしまい。同じご飯を食べてる長男はガリガリなのに、何故だ!何故なんだ!と思ってるうちはまだよかったんですが、次男が小5の夏休み直前の個人懇談の後に親子揃って保健室に呼び出される羽目になりました。

そこで食事やおやつでどんなものをどれぐらい食べてるかあれこれ質問されましてなあ。こんなところで我が家の食卓事情をたずねられる羽目になるとは思いませんでしたよ、ええ…。恥ずかしいにも程があるわよ、ったく。

一通りたずねられた後に

「低学年のうちはおやつも必要ですが、思春期にさしかかるようになったらおやつは別に必要ありません。きちんと食事をしていたら大丈夫です」

という無情なお言葉をいただきました。ということは大人がおやつを食べるとデブまっしぐら…ということですかそうですか。おやつ食べてるけど太れない私は単に太らない体質だったのね…。そして次男はぶくぶく太る体質ってことなんだろうな(しろめ)

しかし!次男は帰宅したら「ただいま」の前に「お腹空いた!今日のおやつなに?」とたずねるような子なので、おやつ抜きはさすがにきつい。

「スナック菓子のように油分が多いお菓子やジュースは極力食べさせないようにしてください」

まあそうですよね…。でもつい安いスナック菓子に頼ってしまうダメ母です、はい。

手作りおやつ…と言ってもやっぱり子供が好むお菓子と言えばドーナツとかケーキみたいな油たっぷりそうなのが多くて結局食生活改善で体重は減らず、その後も次男の体重はどんどん増えていきました。6年生の一学期に夏風邪を引いて激痩せしたんだけど、夏休みにリバウンドして夏風邪を引く前より体重が増えてしまい…。やばい。やばすぎる。

そんな次男でしたが、中学生になってから状況が一変しました。卓球部に入部したんですが、部活で今までとは比べものにならないぐらい体を動かすようになってからスリムになっていきました。身長が伸び始めたのと、往復10kmを毎日自転車通学したのも原因かもしれませんが…。中学卒業直前の今と小学校卒業直前当時の体型を写真で比較すると、まるで別人みたいです。顔もまんまるから細長くなってる!首がないのかと思うぐらいまるまるした顔だったのにちゃんと首があるし(ひどい)

というわけで、すっかり引き締まった体になってほっとしてる母でございます。いやー、運動大事ですね。やりすぎも体壊すけど、やっぱりある程度運動させないと身長の伸びが緩やかなときはあきませんわ。子供の健康管理も意外と大変なのでございます。