仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

子供の成績は教師に左右される

昨日から学年末考査が始まった長男、「テストの内容が鬼畜やった」とぼやいてたので、あまり結果に期待は持てないなあと思ってるさっこさんですこんにちは。まあ本人なりに努力はしてたので、結果に突っ込むのはほどほどにしておこうw

テストと言えば、次男の成績が三年になってから若干下がり気味になりました。五教科に限っては五段階評価で4より下なんて見たことがなかったのに、二学期の通知票には3が…。何故だ!何故なんだ!次男はあまり勉強に手を抜く方じゃないので非常に疑問でした。しかし次男にそこら辺の事情を聞くと、二年生の頃と三年生の今とではかなり環境が変わってしまったことがわかりました。

二年生のときの担任は、とにかく厳しい人でした。課題の出し忘れがあると自主勉強が倍に増える。当然他の忘れ物にもペナルティがありました。授業中の私語には非常に厳しいので、授業中に騒ぐ子があまりいない状態でした。勉強に身が入る環境だったので、元から成績の良い子はコンスタントに結果を出せていたし、そうでない子もそこそこ成績を底上げできていたわけです。

ところが今の担任はちょっといい加減なところが目につくんですよね。配布物を配布し忘れることが多々あったり。テスト前に配布される各教科の課題一覧を配布し忘れて、提出期限ギリギリに配布されたときには次男の文句がすごかった…。そりゃそうだ、課題をこなす時間が他のクラスより圧倒的に少なくなってしまったわけで。文句言いながらも夜遅くまで起きてこなしてましたが、当然「こんなもんできるか!」と放り出す生徒もいるわけで…。担当する教科でも配られた問題の答えが間違ってることが多々あったりで、生徒達の信頼はがた落ち状態。そうなってくるとクラスの雰囲気もあまりよろしくなく、二年生のときより成績が下がる子続出のようで…。

次男に「厳しい先生と優しい先生だったらどっちがいい?」と尋ねたことがありますが、「優しい先生だと授業中うるさくなって勉強に集中できないから厳しい先生のほうがいい」と返ってきました。まあ次男は「学校は勉強するところなのに化粧品持ち込む女子は何考えてるや。ああいうやつが一番うざい」という子なので、余計そう思うのかもしれませんが。

話はそれましたが、要は担任が要所要所を締めないと生徒の成績に影響が出るんだなあと。勿論教科担任もそうです。同じクラスでも、教科担任によって騒がしくなったり私語ひとつ飛び交わなくなったりするのは自分の頃を思い出してもよくわかります。本人の実力も学力を左右するけど、教師のウエイトも大きいよなあ…と親になって実感しています。教師って大変な職業だなあ。ダイレクトに生徒達が自分の資質を評価するわけだから…。しかもそれが生徒の将来に大きく関わる可能性が高いわけで。しんどい仕事だと思います。