仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

食べるってめんどくさい

気がつけば2月も後わずか、次男の卒業式までに美容院に行こうかなと思ってるさっこさんですこんにちは。美容院って子供の入学卒業式でもないと行くことないもんなあ…。行くのがめんどくさくて。大体セルフカットですませちゃうんですよね。思い立ったときにちゃっちゃとカットできるので楽じゃないですか。

めんどくさいと言えば食事も私にとってはめんどくさい行為です。食べることに時間を割くのが嫌なんですよね。食事作る→食べる→後片付け→ハミガキ…という一連の行為が本当に面倒で。美味しいもの食べてストレス解消、という人がいらっしゃいますが、私にとってはストレスの元にしかなりません。

とはいえ、私も美味しいものは美味しいと思いますよ。でもだからっていつも美味しいものを食べたいとは思わないんですよね。ソチ五輪が終わりましたが、普段からスポーツ観戦を楽しんでる人と、五輪のときだけ楽しんでる人がいるじゃないですか。私は食事に関しては後者なんですよね。たまに食べて美味しいと思えたらそれでいいじゃん、という。毎日美味しいものを食べたいと思うほど食に関心はないのです。

もし当初の予定通り結婚せずに一人暮らしのままだったら、骨と皮にやせ衰える自信はものすごくあります。一日一食しぶしぶ食べる程度だろうなあ。それもご飯と漬物だけとか、ロクなもの食べてそうにない。栄養もめちゃくちゃ偏りそうだ…。一人暮らしの人って食事作るのめんどくさくならないんだろうか。外食だけですます人もいるんだろうけど、基本的に外食って量が多すぎるので食べきるのが大変なんだよなあ。外食だと三日に二食ぐらいのペースになりそうだ。

やはりね、子供がいると子供の手前一緒に食べなきゃならないですからね、きちんと食事せざるを得ないんですよね。ほとんど業務です業務。美味しいものを食べたいから料理の腕を上げたい!などというモチベーションもないし、本当に私なんで専業主婦になったのか…。ちょっとでも食に情熱を傾けられたら、料理も楽しいんだろうけどなあ。

ところが夫は食に情熱を傾けるタイプで。時間があるときは一緒に料理したがるのもそれが原因です。そこまで美味しいものが食べたいか。一緒に作ってくれるのはありがたくはあるんですけど、台所から追い出されることもあり、ますます私の存在意義が薄れてる…。文句は言われないので、まあいいかw