仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

Eテレの道徳番組「時々迷々」の母親がひどすぎる件

次男が高専受験予定なんですが、受験料振り込もうと準備してよくよく日付を見たら、一般入試の受験料振り込み期間は来月やないか…。期間前に振り込まなくてよかったとほっと胸をなで下ろしたそそっかしいさっこさんですこんにちは。

今日もいつものようにTwitterのTLをだらだら眺めてたら、Eテレを見てる方が「ひでぇ…」と呟いてるのでどんな番組かと思ったら、小学3~4年用の時々迷々という道徳番組でした。で、今日の放送内容ですが、公式に動画があがってますので下記のリンク先からご覧ください。きっかり15分で見られます。

お姉ちゃんとよばないで|NHK for School

見るのめんどくせぇ…という人に簡単に説明すると…

 

お菓子作り好きなタマ子が主人公。

タマ子の妹、ムギ子は友達を連れてきてはタマ子におやつを作ってもらって自慢したり(ちゃっかり母親もタマ子の作ったおやつ食べてる)、ブログにアップしてる。

ある日、ムギ子が「お姉ちゃん最近手抜きしてない?」とタマ子に言う。タマ子が「あれは夏休みだったからで…」と反論すると、ムギ子が母親に「お姉ちゃんが意地悪する」と泣きつき、母親はどんな理由かも聞かずに「お姉ちゃんなんだから優しくしなさい」とタマ子を叱る。

それからしばらくしてムギ子が「うちで転校する子のさよならパーティーするからお姉ちゃんおやつ作って」と言い出す。タマ子が「ホットケーキを作る」と言うと「ホットケーキじゃ嫌だ!恥ずかしい!お姉ちゃん!」と駄々をこねる。そこでタマ子ついにキレて「お姉ちゃんと呼ばないで!」と叫んで家を飛び出す。

タマ子は伯母の料理研究家、タツ子の元を訪れ、おやつ作りをやめたい、お姉ちゃんでいるのをやめたいと気持ちを打ち明ける。ムギ子は素敵な姉に憧れてるだけじゃないのかなと諭す伯母から仲直りにとココアを貰い、公園で姉妹は泣きながら黙ってココアを飲む。

その後、さよならパーティーは無事行われ、タマ子の作ったホットケーキは大好評。おかわりのお皿を持ってくる子達を見てタマ子も笑顔に…。

 

という内容。

見た感想…

母親何をしてるんだよ!

これに尽きる。

母親もタツ子にいつも甘えておやつを作ってもらってるんだけど、だから娘におやつ作ってもらうことに抵抗がないのか…?それにしても妹とその友達のおやつを毎日作ってたら、姉は友達と遊ぶ約束もできないぐらいわかるだろうに(冒頭でそのシーン出てるけど)。せめて姉の都合を聞いてからにしなさい、ぐらい言えないのかよ。

あーむかつく!なんなんだよこの母親!

そりゃあタマ子はお菓子作りが好きな子だけど、義務になっちゃったら楽しくなくなるに決まってるじゃないか。しかも妹に「もっとすごいの作って」なんて言われたら、ねぇ…。楽しいものも楽しくなくなっちゃうじゃないか。

せめて母親が「いつもありがとう」とフォローするシーンがあれば救われたんだろうけど、「お姉ちゃん」であるタマ子に甘えてるようにしか見えなくて。これじゃああんまりだ。

「伯母さんだけはお姉ちゃんって呼ばない」というタマ子の気持ちを考えると不憫で不憫で…。涙なしには見られないよ、このドラマ…。これだからEテレ侮れないんだよなあ。時々とんでもなくヘビーなものを放送してるから。