読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

生まれたときから親孝行

夏の異常気象のお陰で野菜全般が高騰。しかし野菜を使わないわけにもいかず、毎日献立に頭を悩ますさっこさんですこんにちは。

今日もいつものようにRSSリーダーで購読してる記事を読んでたら、こんなのがありました。

出産なめてた - 高齢出産でズタボロになってぶっ倒れたの巻 | マイナビニュース

いやー、お産は人それぞれとはいいますが、自分とのあまりの違いに驚きました。この方は分娩時間40時間越えと書かれてますが、私は最長だった長男の時ですら8時間程度。最短の四男は3時間ぐらいですが、本当ならもっと早く産まれてたと思います…。というのも病院へ向かう夫の車の中で産まれそうになり、それだけは避けたいと出てこないように耐えるのに必死だったからです。お陰様で病院に到着したら即ストレッチャーで着の身着のまま分娩台に運ばれ、10分かからないぐらいでおぎゃーです。あー出すの堪えるのはつらかった。

じゃあ何か安産になるようなことをしたのか?と言われるとそれが何もしてないも同然なんですよね。長男妊娠中に血圧が上がったので食事には多少気をつけてましたが、運動らしい運動は元々運動苦手なこともあって何もやってなかったし体は泣けるほど固く柔軟性ゼロ。体重も元が痩せてるので増えてもいいやーとほっといたらプラス13kgでぶっくぶく。しかも長男の時は仕事が忙しいからと母親学級をスルーして出産前に病院で怒られる始末。どちらかというと不良妊婦でした…。さすがに四男のときは40歳での出産だったのでそれなりに気をつけてましたが、何故か増える体重。息しただけで太るんじゃないか?という感じでした。

ただ、長男の時は臨月に入るギリギリまで仕事していたし、次男以降は上の子連れてあちこち出かけてたので、それが運動の代わりになったかもしれませんが…そんな程度で大丈夫なのか?

そう言えば子供達の出生体重はどの子もほぼ3000gと平均的な体重なんですよね。ひょっとしたらこれがお産が軽かった一番の原因かもしれません。それぞれ生まれたときの妊娠週数はばらばらなんですけどね(一番早かったのが37週0日、一番遅かったのが39週3日)。ということはお産が軽かったのは子供達のお陰なのかも…。なんて親孝行な子達なんだ。妊娠中逆子になった子はいるけど、最終的には元に戻ったし。それに引き替え私ときたら…妊婦としての自覚がなさ過ぎだったな…うん…。

余談ですが、怒濤のように増えた体重は産後2ヶ月程度で完全に元に戻りました。いやむしろ減ったときもありましたが…。それぐらい育児はハードってことでしょうか。