仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

出産は本当に激痛なのか

ネット上で「出産は激痛」という話をよく見かけます。それを理由に無痛分娩を推奨する方がいますが…。

出産って本当に経過は子供によりけりなんです。児頭*1が大きすぎて産道*2を通れないと判断されると帝王切開になるし、回旋異常*3が原因で緊急帝王切開になる場合もあります。

帝王切開にならず経膣分娩*4になった場合でも痛みの感じ方は人によって随分違うんですよね。私が聞いた中で一番痛くないとおっしゃってた方は全く陣痛に気づかなくて、破水がなかったら危うく自宅で産み落とすところだったそうです(ちなみに初産の話)。かと思えば微弱陣痛が続いて疲労困憊、2日かかって出産したという方も。

私の場合だと四男の時は病院に到着した時には産まれる寸前で、着の身着のまま分娩室に運び込まれて10分後には出産を終えました。痛かったのは道中産まれそうなのを我慢することのほうで、産むほうは楽ちんでした。あまりにも早かったので、夫と一緒に控え室にいた当時4歳6ヶ月だった三男が「もう産まれたの?早っ!」と大声で夫にしゃべってたのが忘れられませんw

勿論、痛みに弱いと思う方は無痛分娩を選択できたらいいなと思うし、無痛分娩を否定はしません。しませんが、麻酔なしの出産を「激痛分娩」と言われると「いや、人それぞれだし」と思ってしまうわけです。誰が出産しても激痛になるわけじゃないのに、と。無痛分娩を推奨する方にそんな意図はないのかもしれないけど、過剰に痛みを強調して出産経験がない方を怖がらせてるようでもやもやします。その辺りは自宅出産を推奨する方と私にとっては大差なく映ってます。申し訳ないですが。

個人的にはどんな出産方法になろうと、信頼できる病院で出産するのが一番だと思うんですけどね。出産前から対応に疑問を感じるような病院で出産するのはまずいんじゃないかな。妊娠出産の疑問や悩みを相談できる病院で全ての妊婦さんが安心して出産できたらなあと思います。

*1:胎児の頭のこと

*2:出産時、胎児が通る道

*3:出産時、胎児は向きを変えながら産道を通るが、何らかの理由でうまく向きを変えられない状態

*4:膣を経由して出産すること。いわゆる自然分娩