仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

式の前日

読みたい読みたいと思っていたマンガ、「式の前日」をようやく手に入れて読んでみた。なんだろう…とても懐かしい感じのするマンガで、それがなんなんかのか分からなくてずっとモヤモヤしていたんだけど、それがようやくわかった。

山田睦月さんのマンガに似てるんだ!と。彼女の作品に「THE GHOST OF MY LIFE」というのがある。容姿も演技力も抜群なのに、あがり症のためにまともな演技ができない青年を有名な俳優兼監督が主役に大抜擢。しかしその俳優は亡くなってしまって幽霊となって青年の前に現れる…というストーリー。

淡々と、静かに描かれるストーリーは読み進めるとじんわりと心に染み渡るよう。心の隙間にするっと入ってくるような、そんな感じ。それと全く同じ感覚を「式の前日」を読んで味わった。

山田睦月さんは大好きなマンガ家なので、同じテイストの作品を描く穂積さんにも注目しようと思います。

式の前日 (フラワーコミックス)

式の前日 (フラワーコミックス)