仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

恋なんて知らない

恋愛って今の世では必須アイテムみたいに言われてる。しかし恋愛と無縁な人間だっている。私は人が恋してる様子を見守るのは好きだが、自身はまーったくそんな感情とは無縁である。

とにかく好意を持って近づかれるのが重すぎるのだ。好きでなくても無碍にできないと思ってしまうと、とても負担になる。そういう気持ちがあるから好意があっても積極的に近づこうとは思わない。相手の負担になる行為かもしれないと思うと一歩も踏み出せない。

それに何時まで好意を持ち続けられるかなんてわかりやしない。自分だろうが相手だろうが心変わりしてしまった後のことを考えると尻込みしてしまう。わざわざそんな不確実な気持ちに身を委ねることなんてできない。

また相手にずっと好意を持ち続けてもらうために色々とアプローチすることが面倒。なんでわざわざ自分の時間を割いてそんなことをしなければならないのか。自分に無理を強いて好きになってもらおうと努力するっておかしくない?と思ってしまう。相手の気持ちを無理矢理自分に向かせる意味ってあるんだろうかと。

なーんて考えてしまうので恋愛経験はゼロである。私のそういう雰囲気を察してか、私に誰かを紹介するような野暮な人もいなかった。交友関係がさほどなかったのもあるけど。そのことをつらいと思ったことはない。ただ「恋しないと人間として成長しない」だの「そんなの嘘でしょー」的なことを言われるとイラッとはしてた。まあ恋愛感情がわからないからイラッとするだけですんでたんでしょう。今は結婚したのでそういうことを言われなくなってさっぱりしました。

恋愛経験がないのにどうして結婚してるの?と言われそうですが、恋愛は結婚の為に欠かせないプロセスじゃありませんよ。念のため。