仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

プライドの高すぎる高校生

今日は朝から曇り空ですが、なんとか降らずに済みそうな感じでホッとしてるさっこさんですこんにちは。雨降ると本当に三男が可哀想だからなあ。この時期の自転車通学と雨のコンボは蒸し風呂状態で汗だくになるから悲惨である。高校生活も楽じゃない。

さて、そんな高校にまつわる話を先程読みました。

ブコメ見たらそれほど珍しいことではない感じ?なのかな。まあ学校公認かどうかはともかく、こういう先輩生徒がいるのはありそうだなと思ったりします。というのも悪い意味でプライドの高い高校生がいるのです。

次男から仕入れたこちらの地域にある進学校の話です。その進学校も前述のエントリーの高校と同じく、100年以上の歴史があります。女子の制服が可愛いらしく(ファッションに疎い私にはどう可愛いのかイマイチわからないけど)女子には大変人気の高校です。

ただ、最近は理数系コースが無くなったこともあるのか偏差値が昔より下がってるんですよね。それでも地域でトップの進学校には変わりないんですが、問題は生徒の評判です。生徒の中には進学校の生徒だというプライドがやたら高い子がいるそうで、その結果大変横柄な態度を取る生徒がいるようなのです。ぶっちゃけ礼儀がなってないんですね。というわけで生徒の評判が悪化してるとのこと。同じ市にある別の高校(大学進学組は2割いるかどうか)のほうが礼儀については評判がいい…という話を次男から聞かされたわけです。次男の学校にもそういう子はいるらしく、電車通学組の素行が悪いと学校に苦情がくることもあるらしい。外野は素行で判断するのは当然っちゃ当然です。いくら頭脳が優秀でもそれで恩恵を受けるわけじゃないですからね。

そこらへんを大人が諭してくれたらいいんですが、そうでないといつまでもプライドの高さを保ったまま大人になるんでしょうね。でも大人になって鼻をへし折られてもそれを受け入れることは難しそう。もっと早い段階で挫折を味合わせるのも大事なのでは?と思うのでした。