仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

小学生のお金に対する意識

昨夜、米を研ごうとしたら米がもう残り少ない…というわけで本日精米機まで精米しに行ってきたさっこさんですこんにちは。しかし30kgの米袋を非力で移動させられない私。運ぶのは次男にやってもらいました。これでしばらく精米せずに済む!しかし夫が「えっ、もう米なくなったん?減るの早すぎじゃないか?」と言ってたけど、うちの息子達はそんなに米食べないほうだと思うぞ…。米大好きばかりが揃ってたら30kgでも光の速さでなくなりそうなんだけど。エンゲル係数怖い。

さて、ふりかけか海苔がないとご飯をあんまり食べない四男が昨夜寝る前に「今日なー、1時間目全部使ってお金のアンケート書かされた」と教えてくれました。お金のアンケート…?学校か市が調査してるんだろうかと思ったんですが、四男が話してくれたアンケートの内容を調べてみると、どうやら金融広報中央委員会(事務局は日銀内にある)が行ってる「子どものくらしとお金に関する調査」というものらしい。四男に以前のアンケート内容を見せてみたら「あー、確かにこんな質問もあった!」と言うので、アンケート内容も大まかなところはかわってないみたい。

子どものくらしとお金に関する調査|知るぽると

で、まあ子供のことだからアンケートのことについてお互いにべらべらしゃべってるわけですよ。子供専用の物がどれだけあるか、というのを尋ねる質問もあったそうなんですが「○○くんはスマホにタブレットにテレビにゲーム機にブルーレイにとたくさん持っていて、あいつんとこ金持ちとは聞いてたけどすんごい金持ちなんやなとよくわかった」「おこづかいの質問もあったけど、毎月何万ももらってるやつもいた」「俺も金持ちになりてぇ」などと四男がのたまってました。ということはおそらくうちの金銭事情も筒抜け…ひぃ…。

しかしあれこれ子供の望みのままに買い与える親はお金持ちであろうとなかろうと結構いるのですが、おこづかいはなあ。小中学生ぐらいのころは金銭トラブルが多いので、あんまり余分なお金を渡さないほうがいいと思うんだけど。こんなこともありましたしね。

などと言うのはさておきですね。このアンケートの話で四男がたくさん名言を残してくれました。

これを聞いた三男が「世の中そんなに甘くない」とおっしゃいまして、後5年もすれば四男も三男の心境に至るのかと思うと子供の成長ってすごいなあと思うさっこさんなのでした(ぉ