仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

次男の就活

昼から雨が降るというので午前中薄日が射してたけどコインランドリーへ行ってきました。そして予報通り雨が降ってきたよ。良かった、干さなくて…。そして今日は久々に特に用事がない日曜日なので比較的のんびりすごしてるさっこさんですこんにちは。

さて、来月はほとんど学校へ行く必要のない次男はなんとか進級できそうな感じです。進級すれば高専5年。いよいよ最終学年です。今年は就職希望者が例年より多いそうで、進路担当の教員は忙しくててんてこ舞いらしい。専攻科も就職希望が多いとか。と言っても専攻科の就職希望者はもうすでに内々定もらってると次男。なんでもこの学年は優秀な学生が例年より多いそうで企業側からお声がかかったみたいなのよね。就活の必要性がないw

次男はごくごく普通の成績で特にアピールできるほど得意な分野もないので、まあ就活が必要なわけです。本人の希望は県内の企業で県外への転勤がないところ。そしてデスクワークと営業だけは嫌だそうです…。「体を動かす仕事のほうがいい」「一日中机にしがみついてる仕事は俺には無理」「営業も客を怒らせそうで無理」とのこと。まあ本人が嫌だって言ってる仕事に就いても続かないだろうし、上手くマッチングする会社が見つかればいいなとは思ってたんだけど、最近になって第一志望の会社が決まったと言ってきたと思ったらそれが長男の勤務先。企業説明会で話を聞いたらそこそこ良い感触だったんだと。

それを聞いた長男が「頼むから他所の会社にして!」と懇願。いくら部署が違っても兄弟と一緒の会社、というのが嫌らしい。気持ちはわかる。しかし次男の意志が固くてな…。同じく再来年度就職予定の三男は「兄貴が嫌っていうなら別の会社にする」と言ってるけど。三男は長男の盲目的な信者だから長男の意思に逆らうことは絶対にないのである。その次男、友達からも「兄のいる会社には行きたくない」と言われたらしいんだけど、その理由が「兄の上司になったら気まずい」だったそうで、思わず吹いてしまった。確かにそれは気まずいどころの話ではないw

ともあれ、次男は長男の勤務先に就職する気満々で、3月には企業見学に行く予定。企業見学日は予定では長男が仕事休みの日で、長男にとっては不幸中の幸いではある。果たして次男は無事第一志望の会社の内定をもらえるのか。今は面接を乗り切ることに頭を悩ませてる次男を横目で見ながら、せっせと四男の中学校入学準備をするさっこさんなのでした。